スマートフォン用の表示で見る

at

キーワードの候補

3件

一般

AT

えーてぃー

オートマチックトランスミッション」の略。

反対語は「マニュアルトランスミッション


広義の意味で言えば「クラッチを介さないで変速作業を行う変速装置」を示すが、一般的な意味合いでは「遊星歯車(プラネタリーギア)とトルクコンバーターを組み合わせ、これを油圧等で制御し自動的に変速段の切り替えを行う、所謂トルクコンバーター式オートマチックトランスミッション」を指す場合が多い。


MTのギアチェンジや、それに伴う各種運転技術(半クラッチ坂道発進ヒール&トゥ等)の煩わしさから解放され、ブレーキとアクセルのみで自動車の運転が出来る手軽さから、日本や米国におけるAT車の割合は現在90%を越えるに至っている。

その反面、伝達効率が悪く燃費や動力性能でMT車に劣っており、またドライバーの意図しないタイミングでギヤチェンジしたりするので、スポーツドライビングを始めとする自動車愛好家からは敬遠されている。


近年、伝達効率の向上やギアの多段化、ドライバーが意図的に変速タイミングを選べるモード(通称マニュアルモード)などの機能の追加。およびトルクコンバーター式以外の新機構も数多く登場し、上記理由などで今までMTが主流だったヨーロッパにおいても、ATの普及が進みつつある。


関連キーワード:MT、マニュアルトランスミッション

アニメ

AT

えーてぃー

=Armored Trooper

アーマードトルーパー (Armored Trooper) は、テレビアニメ『装甲騎兵ボトムズ』、及びその派生作品に登場する架空のロボット兵器の呼称。関連作品を含め劇中では略称の「AT」で呼ばれ、予告編を除き「アーマードトルーパー」と呼ばれたことはない。

いわゆるリアルロボットに分類され、全長4メートル前後とロボットアニメの中で最も小型の部類に入る。ミリタリー色が強く描かれている装甲騎兵ボトムズシリーズでは壊れたら使い捨てる軍用機械として位置づけられており、それまでのロボットアニメにある主人公専用機と言う概念は存在しない。

ただし、シリーズ中盤以降や、小説、外伝など派生作品において、個人専用機、量産機とは一線を画する専用機体が登場した。


wikipedia:アーマードトルーパー

スポーツ

AT

えーてぃー

ATはAnanerobic Threshold の略で「無酸素性作業閾値」を意味する。

有酸素運動無酸素運動の境界付近のこと。

ランニングで例えると、楽にゆっくりと走ることは有酸素的な運動ですが、あるスピードを過ぎると突然苦しさが増していきます。それは乳酸が蓄積され始める無酸素的な運動に変わるため、それ以上のスピードで走るとどんどん苦しさが増していきます。

その変換点をATと言う。しかしその変換点はポイントではなく、閾値と言うだけあって“ゾーン”と考えられている。