遊風の養生日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

kanekoyoshiyukiをフォローしましょう

2017-09-14

[][][][]『ヤマノミ』

ヤノマミ

ヤノマミ

 ブラジル先住民ヤマノミに150日間に渡って同居したNHKディレクターの本。民族学的にも資料と成りえる内容と言う感じで、興味深く読みました。森の精霊と共に生きる人達と文明との関わりなど、参考に成ることが沢山有りました。彼らの文化や技術が文明の波を超えて生き残っていくことを祈ります。

2017-09-08

[]指のツボ探しに最適なドットペンがダイソー

f:id:kuhuusa-raiden:20170908173008j:image:w360:left

 指のツボ探しに最適な用具を、100円ショップダイソー(のネイルアート用品売場)で見付けました。太めの方は、手足甲はじめ手足(前腕・上腕・下腿・大腿)や体幹部(頭首胴)のツボ探しに使えます。細めの方は、指のツボ探しに最適です。

 今までダイソーで売られていたドットペンは細くて、患者さんに痛がられる可能性が高かったです(耳のツボ探しには最適な細さ)。が、これは、指のツボ探しに最適な太さと思います。

 たくさん買って、ダイソーで見つけられなかった術伝講座参加者に配りました。

 

2017-08-11

[]今年の夏夕飯:夏果菜の蒸煮、枝豆、胡瓜の塩漬け、蛍烏賊の塩辛

(1)夏果菜の蒸煮

 和風ラタトゥイユと言った感じかな。と言うよりも、沖縄料理のンブシーか。東京では、ナーベラ(ヘチマ)が売ってないから、ナーベラ・ンブシーは出来ないが。

1.ナス、か、白瓜…たまに、冬瓜

2.甘長唐辛子、か、獅子唐、か、ピーマン…時々は、トマト、オクラ

3.魚介(イワシ、サバ、サワラ、サバ水煮缶など)、か、鶏肉(ムネ、手羽元手羽先、モモ、砂肝、レバーなど)

 生姜と大蒜の微塵切りと醤油麹と少しの水で、上記の素材を煮え易い順に蒸煮。煮えたら火を止め、味噌とカレーペースト(商品名:カレーの壺)を入れて、混ぜ合わせる。たいてい3日分位には成るから、残りは冷蔵庫で保存。冷めても美味しい。

(2)枝豆

 炊飯蒸籠を使って、玄米小豆餅黍を炊く時に蒸す。

(3)胡瓜の塩漬け

 胡瓜を1cm〜1.5cmの輪切りにして、塩、昆布、一味唐辛子ヨーグルト種菌(ケフィア)、浅漬の元(麹屋甚平)。重石を乗せて、一日、押漬け。

(4)蛍烏賊の塩辛

 B級品を3kgまとめて買って、1kgずつ塩辛に。玄米麹も混ぜた。

2017-07-20

[]サワラの白子・ミアラとナスの煮物

f:id:kuhuusa-raiden:20170720185112j:image:w360:left

f:id:kuhuusa-raiden:20170720194452j:image:w360:right

 近くのスーパーで、サワラの白子とミアラ(ハラミ…切り身にするには長すぎてしまう部分…とオノミ…切り身には短すぎる部分)を安く売っていたので、ナス8本と一緒に買ってきて味噌汁というか味噌味(+醤油麹+カレーペースト)汁沢煮物にした。

 初めての組み合わせだったので、水の量や調味料の量は適当だったが、美味しく出来た。

追記:沢山出来たので、残りを冷蔵庫に入れておいたら、一晩過ぎたら、煮汁が煮凝りに成っていました。ナスも煮汁を吸って、より美味しくなっていました。

2017-07-14

[]パクチーキャベツ、イワシの煮物

f:id:kuhuusa-raiden:20170714191022j:image:w360:left

 近くのスーパーで鳥取産の有機のパクチー(コエンドコロ、コリアンダー、シャンツァイ(香菜))を売っていた。イワシの煮物に合うかなと思い、ニラの代わりに買ってみた。

 作り方は前回と同じ。冷凍イワシを昼に冷蔵庫に移し解凍し、夕方に手開きで、頭・中骨、内蔵、身の3つに分けた。先ず、頭・中骨を5分程煮込んだ。次に、キャベツの乱切りと内蔵を3分煮込んだ、そして、パクチーの乱切りとイワシの身を入れ、沸騰したら掻き混ぜ、再沸騰したら火を止め3分蒸煮。

 美味しい煮物が出来た。

追記:実は、イワシの煮物に何時も使っていた生姜を切らしていた。パクチーが根付き(根三つ葉の様な感じ)だったので、根っこの部分を良く洗ってから、生姜の代わりに、イワシの頭・中骨を煮込む時に入れてみた。パクチーの葉っぱのせいかも知れないけど、生姜の時と同じように、イワシの生臭さは感じ無かった。