Hatena::ブログ(Diary)

操体医科学研究所@書庫 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-07-28 夏のコミック祭り

梅雨も明け、毎日お暑うございます。

昨日は「必殺2014」をやっていましたね。
幼児期から必殺好きだったもので、主水さんがいなくて、
「せんとりつ」のコンビが出なくてちょっと寂しいですが、
堪能いたしました。

さて、ストレス解消にはマンガを読むのが一番です(ナゾ)。



今まで篠原作品は何故か読む機会がなかったのですが、トライしました。
これは、イスタンブールのハーレムの話です。
スレイマン一世とその愛妾、ヒュッレムの話。
奴隷に売られた身からハーレムに献上され、スルタンに愛された美姫の
出世物語といえばアレですが、これは
「勉強せよ」というお話です。学問は女子を自由にするのです。
普通スルタンがお泊まりになると、翌朝何か賜るのですが、ヒュッレムは宝石とかではなく、
図書館に入れることになります。そこでスルタンの元家庭教師だった先生から
色々学ぶわけです。ここで習ったフランス語やイタリア語なども役に立つわけです。

ちなみに、スレイマン一世の霊廟はイスタンブールのエミノニュ(ガラタ橋があり、桟橋があるところ)から、
海を背にしてふり返ると見えます。スレイマニエ・ジャーミィと言いますが、
スルタンはここにヒュッレムと一緒に眠っています。

もうすぐ5巻が出るそうで、たのしみです。



そして「聖☆お兄さん」につづいて公式ガイドブックを買ってしまった私。
というか、鬼灯様、いいですねぇ。

妖 八犬伝 (一) (まんがグリム童話)

妖 八犬伝 (一) (まんがグリム童話)



「八」と言えばオクタント?


昔、「仁義礼智忠信考悌」って覚えた気がします。
八犬士の誰が何の珠を持っているかも覚えた気がする。

そして、魔木子先生の結構新しい作品。

八犬伝を新しい解釈で書いたもの。
主人公犬塚信乃は実は女子であり、玉梓の呪いか何かで、
ある発作が起こると男子と交わり、精を吸い取ってミイラにしてしまうという
能力?を持ってます。
犬川荘介(額蔵)は、不死身だし、犬飼現八は手が刀になっちゃうし、
色々事情があるわけだ。



これも魔木子先生。

時代劇好きなもので、魔木子先生の時代モノはそそるんですよ。
お梛(なぎ)というフリーの忍びが、将軍のご落胤と
事件を解決するというお話。

歴史物が多いですね(笑)

2014-07-16 世界で一番美しい猫の図鑑。



大学院の研究所内にある生協の書店で見てしまった。
私は猫派なのである。

最近よく見かける、可愛いけれどなんだか妙な「ふんわり系」とか「格言系」のような
猫写真集とは全く違う。

これは、猫の図鑑なのである。

この、表紙の子猫の媚びない凜とした表情を見て欲しい。
私は媚びている猫も好きなのだが、
このように野性味溢れる表情の猫をみると惚れ惚れするのである。

世の中には、自分が知らない種類の猫がまだまだいるのである。

また、お値段は3800円、税込みで4000円ちょっとである。
お安いものだ。

こんな眼福にあやかれるのだから。