スマートフォン用の表示で見る

古事記

読書

古事記

こじき

現存する日本最古の歴史書。3巻。稗田阿礼(ひえだのあれ)が天武天皇の勅で誦習した帝紀および先代の旧辞を、太安万侶(おおのやすまろ)が元明天皇の勅により撰録して712年(和銅5)献上。上巻は天地開闢から鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)まで、中巻は神武天皇から応神天皇まで、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事を収め、神話・伝説と多数の歌謡とを含みながら、天皇を中心とする日本の統一の由来を物語る。ふることぶみ。

広辞苑より

古事記本文の記述以外には編纂の記録が直接は見当たらないため、偽書説もあるが、一般には受け入れられていない。なお、古事記は正式名ではないとされ、古い書物を示す一般名だと言われている。