Hatena::ブログ(Diary)

たまごまごごはん このページをアンテナに追加 RSSフィード


「ROCKei-ON!!」

メロンブックスさん特設サイト「CG BR@S」(専売)
メロンブックスさん特設サイト「高校制服ノート 今日のアイドルさん」(専売)
メロンブックスさん「生ビールっすか!?サンデー」 COMIC ZINさん「生ビールっすか!?サンデー」
メロンブックスさん「駄菓子ラヂオ」 COMIC ZINさん「駄菓子ラヂオ」 とらのあなさん「駄菓子ラヂオ」
メロンブックスさん「女子制服カレンダー」 COMIC ZINさん「女子制服カレンダー」 とらのあなさん「女子制服カレンダー」
メロンブックスさん「HE@LTHY CINDERELLA」
履歴書の書き方なんて教えてあげないんだからっ! ライトノベルでわかる微分積分 (3時間でだいたいマスター) ライトノベルでわかる確率 仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ! (社会人1年生のお仕事サポート・ブック)
・乃梨子×瞳子応援サイト。
・書いていることの真偽は自分で確かめてください。

web拍手ボタン

2007-09-01 大黒黒客日記

[]電脳コイル」で遊んでみよう。妄想電脳コイル談話 中盤戦(13話+総集編まで)前編

「電脳コイル」放送もすっかり夏休みモード。今週もどうやら総集編らしいとのことで、イサコ様が見れなくてギリギリする日々が続いております中みなさまいかがお過ごしでしょうか。ごきげんよう、イサコ様に踏まれ隊ナンバー5、たまごまごです。

そんなわけで、「電脳コイル分が足りないんだよ!」と言う私のワガママで、コイルスキーさんたちに再び集まっていただき、コイル妄想について話し合っていただきました。

「電脳コイル」も中盤戦ということで、どんどん謎の種明かしがされてはいるものの、同時にまたどんどん謎が深まる一方。こんなに伏線を妄想したり、キャラの関係を妄想させるアニメなのだから、どんどん妄想して楽しむしかありません。

今回は前回のメンツに加えて、鋭い考察と面白すぎる文が魅力の「BWSのダイアリー」さんにも参加していただきました。

 

※注意点※

ここ以降、作品の伏線を探して妄想するという、かなり二次創作自己満足な楽しみ方をしていますので、アニメの中の事実とは異なる場合が多々あります。ご了承ください。あくまでも妄想して楽しもうという試みです。特にたまごまごが「イサコ様踏んで!」とか言っている部分は生暖かい目で見守っていただけると幸いです。そのくらい電脳コイルが好きなのですってことで。

 

BW(BWSのダイアリー)

TAKEX(レティクル・ザ・妄想)

たまごまご(たまごまごごはん)

だんげ(酔拳の王 だんげの方)

ゆすら(きなこ餅コミック)

 

参考

ハテナ電脳コイル

電脳コイルテンプレまとめ@wiki

 

気になる「電脳コイル」の謎を考えてみる。妄想電脳コイル談話(9話まで)前編 後編

 

●謎がどんどん増える「電脳コイル」●

 

参考・いーの日記 - 電脳コイル まとめ 登場人物

 

たまごまご:コイルも中盤戦にさしかかったので、今回は妄想読みで、思いっきり話していきたいなあと思ってます。難しい分析は、後半話が進んでからまた別の機会で。

ゆすら:コイルは謎がほったらかしだから、妄想しまくりだな。

BW:妄想し甲斐がありますよね。情報が断片的なので。

たまごまご:ちょーっとずつまとまっては、また謎が増えてますよね。前半途中あたりから。

ゆすら:謎が片付かないままですからね。

BW:うっすらとは回答が見えているような気もするんですけど、まだまだ誤差がある感じです。

ゆすら:その誤差が恐ろしいっていう。

 

たまごまご:もうさ、一番なにがはがゆいかって、前半あんなに謎まきちらしたイサコ*1が……出てこない!

ゆすら:イサコ様出し惜しみしすぎですねー。ヤサコ*2の主人公人気がなさすぎたせいなのか

BW:むしろ前半イサコさま目立ち過ぎましたからね。今はヤサコ強化中というか。

ゆすら:そうですね。しかし、ヤサコはいつ黒化*3するんだか

BW:やっぱりするんですか?w<黒

ゆすら:それが後半戦の最高の盛り上がりどころですよ!と、すでにアタシの中で決定事項。

たまごまご:やっぱりあれですよね「前の学校でなんかあったんでしょ」*4

ゆすら:そうそう。まさか「いじめられてた」ってことではないでしょうし。

BW:そうですね、私も「いじめてた」派かな。どっちかと言うと。

ゆすら:黒化とはいかないまでも、ヤサコはコンプレックスを出さないと、最後の最後で主人公になれませんね。

BW:20話あたりからヤサコの過去を絡めた欝展開に入りそう<後半戦の盛り上がり

たまごまご:そっちのほうが面白そうではあるんだけれど、鬱なのかな・・・

ゆすら:ちょっと鬱は入るかも。というか覚醒入るかも

たまごまご:覚醒かあ!ヤサコさんが?

ゆすら:ヤサコさんが

BW:ヤサコ様になる

ゆすら:すげー。どSばっか。

  

●電脳コイルは女>男●

たまごまご:フミエ*5もどSなんでしょうか。

ゆすら:フミエは小学生らしいドSって感じですね

たまごまご:あの男女の力関係が、最近特に明確じゃないですか。

ゆすら:男弱すぎる

たまごまご:魚の話とか*6。ああいうのってすごく小学生男子の視線ぽいですよね

BW:ひっくり返りそうにないですもんね。ダイチとの関係。

ゆすら:ダイチ*7は今底辺にいますね。

たまごまご:イサコ>フミエ>ヤサコ>セロテープ>>>ハマー>>ダイチ*8

BW:ハマー以下wwww確実にデンパより下っぽいですからね、周囲の評価も。

 

たまごまご:デンパ*9株あがりましたよねー

ゆすら:デンパはデンパでけっこう、ダイチを尊敬しながら、付き合い方を限定してて面白いですね

たまごまご:以前の会議のときは「デンパ黒幕説」なんかも出てたけど、なさそうですね

ゆすら:それはさすがに!

BW:クビナガ*10の話が全部演技だったら黒過ぎですよ

たまごまご:さすがにそれはないかw

 

●大人はメガネを使わない?●

BW:黒幕さんと言えば、イサコ様の電話の話し相手*11ですよね。

ゆすら:暗号*12!謎ですね

たまごまご:あれがキョウコ*13なんじゃないか、という説はやっぱりボツですか。

ゆすら:大ボツです

BW:ヤサコ母が黒幕

ゆすら:えーー

たまごまご:あのかーちゃんはメガネ使っていたそぶりすらないですよね。

ゆすら:メガネキライっぽいですね

*14

たまごまご:父さんすらその仕事関連なのに。

BW:大人は使わないってことなんでしょうか。

ゆすら:大人も使うんだろうけど、子供が使った方が面白いみたいですね

たまごまご:小説だと完全に大人は「使えない」って設定でしたよね。アニメはお父さんが使っている・・・というくらいかなあ。玉子おばちゃん*15が絶対27くらいだと踏んでいたからなあ・・・。あ、ばあさんが使え・・てる?

ゆすら:ばあさん*16はモチロン使ってますね。アニメでは。

BW:パソコンみたいなものでしょうかね。年配の人はあんまり使い方よくわからないみたいな。

たまごまご:総集編でケータイみたい」っていってましたね。

 

●イリーガルはどこからくるの?●

たまごまご:電脳生物の話って、そういえば出るだけ出たけど曖昧なままですものねえ。核心だからなおさらなんかな。

ゆすら:そうですね。イリーガル*17がどこから来てるのかは、核になる部分でしょうね

BW:11話〜13話は概ね電脳生物の掘り下げでしたからね。

ゆすら:でも、イリーガルも多種多様すぎて、肝心な部分がよくわからない

たまごまご:さかな・ヒゲ・クビナガですが、このへん考え始めるとほんと謎だらけだw

BW:最初はミチコさん*18オンリーだと思ってましたのに…。

ゆすら:ですね。そこらへん、あまり設定を細かくしてないのかも。面白さの幅を出す為に

たまごまご:ゆすらさんが書いてたのかな?水棲生物が多いって話。

 

関連

「11話以外で見る大黒市の水イリーガル」想像・妄想・暴走『電脳コイル』第2.6弾(きなこ餅コミック)

電脳コイル 第11話「キンギョ注意報」(BWSのダイアリー)

 

BW:犬もいましたね、クロエ

ゆすら:初期のは足が生えてるしね。人間の足

たまごまご:そういえば最近のははえてないですねえ?クビナガの仕組みはすごーくすんなりくるんだけどなー*19

ゆすら:そこらへん、古い空間にしか住めないとか、黒いとこしかダメとかも、イリーガルによるみたいだし、自由ですな。

BW:「約束の地」*20とやらがイリーガルの共通する生まれ故郷というのは確定っぽいでしょうか。

ゆすら:あれがただ寓話としての話なのか、意味があってかは、わからないなー

たまごまご:うわさ・・・?*21

ゆすら:噂程度のものなのかな

 

たまごまご:クビナガがね、仲間探して自ら崩壊にすすむじゃないですか*22。意思があるかどうかわからないけど、約束の地ってそういうたぐいなのかなー?って。

BW:クビナガのとき、ヤサコがイリーガルには生まれ故郷があるんじゃないかとは言ってましたね。

ゆすら:つまり死が約束の地?イリーガルを発生させた張本人はいるんじゃないかなと思ってます。

たまごまご:人形使い*23みたいの?

ゆすら:ですね。それが暗号屋とつながるんじゃないかなーと

たまごまご:暗号屋=悪いやつ説。悪いのかなー、そんなかんじもしないんだけども。

ゆすら:悪いヤツってわけではないと思いますけど、理由はあるでしょうね。イサコも悪いことを好んでしてるわけじゃないし。目的と行動は一貫してる。

BW:あまりイリーガルも悪いものとして描かれてはいないですから、発生させた人間がいたとしても、そう悪い人間には描かれないんじゃないかなとは思います。

たまごまご:イサコの行動も、別になにか悪いこと、ではないですよね・・・って思うんだけどどうだろう?

ゆすら:ですね

たまごまご:イサコ下僕フィルターかかってるので、正常な判断が・・・

BW:目的のために手段を選んでいないという感じでしょうね、イサコは。

ゆすら:で、そのイサコ兄は今どういう状況なんでしょうね

 

*24

BW:死亡、植物人間、行方不明?

たまごまご:生きてると思いたいけどなあー。植物人間が一番リアルなきがします

BW:ゆすらさんも書かれてましたけど、植物人間だと「帰ってくる」って言い方はおかしいんですよね。

ゆすら:と思います。あと、植物人間って設定が好きじゃないってのもあるんですけど。

たまごまご:ドラえもん伝説*25みたいですもんね^^;

 

●ヤサコとイサコの神隠し●

ゆすら:アッチの世界ってのは、意志だけが連れて行かれるのか、実体もなのか、そこらへんがまだわからないですからね。神隠し的なものなのか

BW:私は実体も消失説を推したいところですが…。

たまごまご:実体になんらかの影響はあたえる、ってのはあるんでしょうねえ。

ゆすら:アタシもそれが最有力候補です。ミチコさんの話だと、殺されるなり消されるなり、体ごとなくなっていそうな感じがしますし

BW:「神隠し」*26という言葉自体から、実体の消失を連想します。

たまごまご:神社が管轄外*27なのは関連しそうだなあという邪推をしたくなるところ。

ゆすら:ですねー。神の社ですからね!子入神社*28ですし。

BW:電脳子入

ゆすら:まさに神隠しのために名前だな。そう考えると。

BW:電脳世界に子が入る ですか。

たまごまご:なんだかもう、ネット中毒で魂持っていかれた自分が想像できそうで怖いのですが・・・w

ゆすら:たまごまごさんも入ってるのか!

たまごまご:実はおれがイサコ兄

ゆすら:最悪の展開

BW:ないない

ゆすら:電脳コイル終了のお知らせ

 

ゆすら:神隠しいやですよねー。で、それはあの4423*29ってことでいいんですよね、小説*30を読むと、そこらへんがすごく混乱させられる。

BW:4423=イサコ兄ってことじゃないかなとは思うんですが。ヤサコを子分にしたがったり、まさにイサコの兄っぽい。

たまごまご:4423見てると、あまり兄っぽい感じじゃなくて暗号屋よりかなー?って思ってました

ゆすら:暗号屋は、(以下微妙にネタバレ

18話までのあらすじ(ネタバレ注意!!)

ttp://pc.webnt.jp/anime/detail0064100807.html

BW:とりあえず、ヤサコの夢の中で「ユウコ。4423だ。君のお兄さんだよ」って言ってましたから、ユウコ=ヤサコじゃなければ、消去法でイサコの兄ってことになるんじゃないかな、と。

ゆすら:そうですよね。

 

(ここでだんげさん参加)

 

●ヒゲとキッス●

だんげ:ヒゲの話*31をいろいろしたいよ。のびたと恐竜*32の話も。

たまごまご:ヒゲはイリーガルの中でも特殊すぎですよね。

だんげ:発生原因は?

BW:ダイチが古い空間に触れたから…かな?

たまごまご:あれも感染なのかなー?

だんげ:空間不良→たっち→鼻こする、からっすね。

ゆすら:→キス

だんげ:それで遅れて京子に感染か

たまごまご:つまりおばちゃんのは、ハラケンにキスしたってことなんだね!*33

BW:日常的にしてますw*34

ゆすら:17歳だし、うれしいよな

たまごまご:あの30分内では、キスする時間はなかったですよね?>おばちゃん・ハラケン

だんげ:めがね外して ハラケンが寝てるところでキスかなあ

ゆすら:ふつーに犯罪だな

BW:夜這いですよ。

ゆすら:てか、いっしょに住んでる設定だとしたら危なすぎる

たまごまご:保護者っぽいですよね>玉子

だんげ:一緒に住んでるっぽいよね

 

ゆすら:登校してるとこからも、そうなのか。もう結婚しかないな

たまごまご:え、結婚なの?w

だんげ:ハラケンはヤサコじゃないの?

ゆすら:ハラケンとヤサコは通過儀礼的な気がするんだけど、どうなのかな

BW:どうなんでしょう。作中内ではくっついて終わりそうな気がしますが。

たまごまご:それはなんかくやしいなあ・・・・

だんげ:いい雰囲気で終わりそう、ってイメージがあります。NHKだしね

ゆすら:まぁ、ゴールインでも別れても、いい話になると思うしな。あまり作品の方向的に、つきあってオワリって感じがしない。

だんげ:しずかちゃんとのびた君みたいな

BW:そうですね、いい雰囲気って感じかな。

ゆすら:スタッフが描きたいのは、イサコとヤサコの仲の方じゃないかな。恋じゃなく、友情。

たまごまご:うんうん!

BW:それはわかります

ゆすら:ですよねー。友情メインでラストまで持っていく気がします。

 

たまごまご:やっぱり、ヤサコ黒化がメインイベントかしら

ゆすら:そこらへん、早く知りたいんだが!

BW:黒化→覚醒→ハラケンいい雰囲気&イサコ友情って流れかしら。

ゆすら:いい流れですね。イサコとヤサコは立場逆転するのかな。小説版っぽい雰囲気に。

たまごまご:ああー、ヤサコがとっても主人公しています。

 

●ヒゲ・クビナガの元ネタ話●

たまごまご:ちょっとヒゲの話に戻ってみます。あれで、連想した作品って各地であがってたんですが、なんか思い出したのあります?

 

関連

「電脳ヒゲコイル12話」などより、考察あれこれ6+α 

今回の電脳コイルを見て思い浮かんだ作品って何?(Triple3のつれづれ)

「電脳コイル」第12話“ダイチ、発毛ス”――ヤサコは沈黙せず(toruotの日記)

『電脳コイル』12話  磯光雄 脚本・コンテ「ダイチ、発毛ス」ギャグ & 奇想 & バカSF & 感動作  すげぇ(★究極映像研究所★)

ゆすら:いっぱいありましたねー

だんげ:えーと「2001年 宇宙の旅」「幼年期の終わり*35、あたりがガチですよね

ゆすら:やっぱ12、13話と藤子不二雄 かな。

だんげ:それもありますよねー。13話はオマージっぽかった

BW:のび太と恐竜の話ですか。

ゆすら:ですねー。

たまごまご:あれで、あまりハッピーエンドじゃなかったのが結構衝撃でした。見方にもよるのかなー?

ゆすら:助かると思ってたのに、クビナガ…

だんげ:いや やっぱりハッピーエンドではなかったと思いますよ

BW:痛そうでした…。

だんげ:でも 子供のうちに 全てがかなうわけではない ってやつ見せておくのもいいことかとおもいます。

たまごまご:どうしても、藤子のイメージが先行しちゃって「まあなんとかなるだろう」って思ってたんだけど、うんうん、何をやっても裏目にでてうまくいかない。

ゆすら:たしかに。

たまごまご:フミエがあのとき余計なことをしなければ!・・・みたいな歯がゆさ。

だんげ:あるある。ここでこうなってああしておけば上手く行ったんじゃないか

ゆすら:後から思い返して後悔しきり

だんげ:って言う思いってどこでもあると思うんだけど それをみんなでしっかり受け止めてるのが好きでした

たまごまご:ははあ、なるほど・・・

ゆすら:後悔の連続から人は成長するのね

たまごまご:それはどっちかとういうと、鉄人兵団*36っぽいなあ

 

●みんな大好き、ダイチくん●

だんげ:残念だったのは ダイチがいなかったこと

ゆすら:ダイチ、テラはみご

BW:ダイチがいたら上手くいったかな。

だんげ:あそこにダイチがいたらすごいいい動きしそうだったのに

たまごまご:うん、がんばりそうw

だんげ:上手くは行かないだろうけどw

ゆすら:あのときのダイチは廃人だったしね

だんげ:叫ぶダイチとかみたかったなあ

だんげ:「なんでだよおおおおおおおおおお!」みたいに

たまごまご:ダイチは今後またいい位置にいくんだろうなあ、と期待。

ゆすら:ぜったいヤツは這い上がってくるよ!

たまごまご:それがみたい!

BW:ダイチがヒーローになる場面があるのかどうか。

だんげ:今後出てくると思う

 

ゆすら:ダイチ愛されてるなぁ

BW:かわいいですもの。

だんげ:ですよねー

たまごまご:すっごいあの、女の子に勝てないところが、共感してならない。

ゆすら:小学生時代って、そうだよなー。身長も女子の方が高い時期だしね

だんげ:俺はああいう奴にあこがれたなあ。クラスにいるじゃないですか馬鹿で自分勝手なんだけど、なんとなくみんなに好かれてる奴

たまごまご:うんうん、いるいる。

だんげ:馬鹿なところがポイントなんだろうなーw良い馬鹿度だと思うのです ダイチw

たまごまご:ばかな子ほどかわいいんですよねえ

ゆすら:でも電脳コイルの子はみんな良い子だよね

たまごまご:悪意のある子がいませんね

ゆすら:やなやつがいねー。ナメッチ*37とか、リアルにいたら嫌ってると思うけど

たまごまご:イヤなやつだけど、悪人じゃないかなw

だんげ:まあ子供だしw

 

●ガチャギリとナメッチ●

たまごまご:ガチャギリ*38がかっこよすぎると思うんですが。

BW:ガチャギリ好きですね、たまごまごさん。

たまごまご:すっごい中立なのがすきなんですよ。大人っぽい。多分あいつはクールだけど、中では照れ屋ですごい熱いヤツなんだ(妄想

だんげ:うわすごいわかるw

ゆすら:ぽいですねー。

BW:背伸びしてるってイメージです。一皮向くとあんまりダイチと変わらないんじゃないかなーって

だんげ:黒客にはいってるから 根っこは似てるんだろうな

ゆすら:ダイチのそういう部分は眩しそう、な感じ

たまごまご:「お金儲け」っていう名目で隠しているのがいいんですよ

BW:それいいですね。萌えです。<まぶしそう

ゆすら:萌えますよね!

BW:自分にはないもの持ってるから惹かれたというw

たまごまご:基本ダイチのことすきなんだろうなー

 

だんげ:ナメッチは嫌われ者かw

たまごまご:ナメッチはいらない。

BW:ひどいwww

だんげ:なめっちはイサコ様にガンガン調教されてるんだぜ><

たまごまご:はっ、おれナメッチになるよ。

 

●猫目の謎●

ゆすら:あとは、大人たちがどうからんでくるのか、かな。猫目*39ってキャラが一番新しいですが。

BW:富竹*40ですか。

たまごまご:ぜんぜん話にからまないですよね^^;

ゆすら:まだねー。次回はハラケンと接触するけど。

たまごまご:むは!

ゆすら:そのせいで、今電コイサイトでは空前のBLブーム

たまごまご:ありですね。

ゆすら:大アリです

BW:ハラケンを巡ってオバちゃんと対立。こうですか。わかりません。

ゆすら:ハラケン、もてもてすぎ。猫目はオバちゃんと同い年くらいかな

BW:探偵局の会員じゃないでしょうか。

たまごまご:はっ!それ面白いです

ゆすら:ええ、そう思います

だんげ:じゃあ、番号持ってるのか

BW:オバちゃん2番ですから、3番かな?

たまごまご:えーと、どこがうまってるんだっけかな・・・

零…メガばあ  壱…?     弐…玉子おばさん

参…?     四…?     五…ハラケン

六…?     七…フミエ   八…ヤサコ

  

●コイル探偵局の空席●

たまごまご:壱、参、四、六。

BW:カンナが4か、6に入りそうです

たまごまご:壱は4423かもですね

ゆすら:カンナは6で、あとはイサコ兄と猫目と暗号屋で埋まりそう

 

BW:あれ、ダイチもそうですよね。

たまごまご:あれ!?

ゆすら:ダイチは入ってないんじゃない?

BW:一話で仕事してませんでしたっけ??

だんげ:してた

ゆすら:あれは黒客としてですよ……じゃないの?

たまごまご:横取りかなー?って思ってました

BW:「商売始めたのは俺が先だろ」って言ってましたね。どう捉えるべきでしょ…。

ゆすら:フミエ達は電脳グッズをめがし屋で買ってるけど、ダイチ達はネット通販だし。

だんげ:フミエが対抗し始めたのか

たまごまご:ダイチの商売って、黒客のことなのかな?

ゆすら:と思います。黒客でペット探しもしてるってゆー

だんげ:お小遣い稼ぎだろうなー

たまごまご:ペット探し200円は安いよなあw

ゆすら:メタバグのためですねぇ

BW:ダイチは違ってそうですね。バッヂしてないしなー。

だんげ:子供だからw

たまごまご:客もみんな子供なんでしょうねー、って思ってます。前一回ばあさんが相談してたけど。

 

BW:話を元に戻すと、そしたら、探偵局の残りのメンバーとして予想できるのは、4423、猫目、カンナの3人でしょうか。

だんげ:そんな感じかなあ

たまごまご:あと1席ですねえ。

ゆすら:暗号屋と妄想

BW:オジジとか?

たまごまご:だとしたら壱番かな?

ゆすら:オジジ、なんか出てきそうですよね

だんげ:オジジはしんでるからなあ

ゆすら:でも、何かメッセージは仕込んでそう。カンナ*41みたいに。

BW:デンスケ*42にメッセージを仕込んでるって予想はよく目にしますね。

ゆすら:考えますねー

たまごまご:EDからどうしても妄想してしまいます>デンスケ*43

ゆすら:デンパ「でんすけぇぇぇぇぇぇぇ!」

たまごまご:え、死ぬの?w

ゆすら:勝手に殺すw

BW:なぜデンパww

だんげ:死なないでしょ

 

●道と陰陽道

BW:デンスケに「道順」が仕込んであって、それを辿ってるうちに迷い込んだのが、4423とヤサコがキスしたあの神社って考察は成る程って思いました。

ゆすら:ありそうですよね。あのキスした神社が、子入神社なのか…

だんげ:あれ方違えですよね

 

方違え(wikipedia)

 

ゆすら:道順で空間が広くってのは、いくつかの作品でありましたね

たまごまご:ははあ、陰陽道なんだ

ゆすら:だから、やっぱり神社なんだろうなぁ

だんげ:陰陽師で、のろいの方向でもあったねー。夢枕獏の奴

たまごまご:ふむふむ・・・なんらかのカギであるのは間違いなさそう。

ゆすら:「うる星やつら」でもやってたみたいですね。イサコは道のことは知ってるんですかね

だんげ:「うる星やつら」でも ヒゲ的な箱庭の話はちょっとありましたよね


「あと、四つ辻に穢れたものを埋めることで邪気を封じるという風習が日本でも古代にはあったらしいんですが

コイルのEDにたくさん出てくるマンホールには何か埋まってるんかなー?考えすぎか?(笑) 」

過去のコメントより

ゆすら:ほほー

たまごまご:道路の描写がおおいのと、マンホールが多いのはなんか意味がありそうですよね

ゆすら:大黒市のはざま交差点と、金沢のはざまのマンホール…

BW:階段もそうですね。階段、道路、マンホール

だんげ:マンホールで 五芒星かいて マホカトール*44で イリーガル退治ですよw

BW:ドリアン!?

だんげ:あのマンホールの下にドリアン居たら 嫌過ぎw

たまごまご:ただ、マンホールと階段が意図的な配置をされている、なんてのは出てきてもおかしくなさそう

だんげ:あーかもなー、でも、関係ないもの って引っ掛けもしてそう

 

ゆすら:金沢*45と大黒市*46は、関係ありそうですけどね。どっちにもイサコとヤサコが生活してたという共通点ふくめ

たまごまご:つながってる・・?ってか大黒市ってのは架空ですか?

ゆすら:金沢はあるのにねぇ。そこらへん、どういう設定の仕方なんだろ。金沢は電脳メガネが開発された市だし、イサコの過去も、ヤサコの学校での事件も、それに関係することなのかな

だんげ:あとメガばあの事件と おじじ

ゆすら:4年前ってやつですね*47

BW:イマーゴ絡みの話は出てきそう。<金沢

ゆすら:うんうん。金沢に戻る話もあるんだろうな。

 

長いのでここでいったん前編終わり。後編へ続く。

*1:天沢勇子。前半鬼のような強さを披露したが、中盤になってぱったり出番減少。

*2:小此木 優子。前半主役の割りに影が薄かったが、ここ最近ぐっと躍動感が増した。

*3:キャラクターの性格が一転して急にダークになったり毒が強くなったりすることをさす、オタク内用語。

*4:イサコがヤサコに対して、隠していた過去を指摘されるシーンがある。いじめていたか、いじめられていたか。

*5:ヤサコの親友で、コイル電脳探偵局のメンバー。きっぷがよく強い女の子。

*6:11話。ダイチが魚型イリーガルを暴走させたのを、フミエが止めるために土下座して謝らせるという、なんとも力関係がくっきりしたシーンが。

*7:クラスのいたずらっこで、最初は勇子にちょっかいをかけていたが、最近はこてんぱんにやられた上に他のキャラからも距離を置かれている。でもすごいいいヤツなんです。

*8:「ピューと吹くジャガー」ネタ。

*9:ダイチの友人で、まじめなぽっちゃり少年。電波アンテナになりやすい体質で、今はヤサコ達と仲がよい。

*10:13話に出てくる、デンパが育てていたクビナガ竜型の電脳生物のこと。

*11:時々電話をかけているが、相手は不明

*12:えーと・・・何から何まで謎です。

*13:うんち!が口癖のヤサコの妹。そのイリーガル接触率の高さとボキャブラリーの少なさから、時々まれに物語の核心説を唱えられるが、実際あまり何もなさそう。

*14:メガネをかけていたならば見えたヒゲだが、お母さんはメガネを全くかけないので、バレなかったというシーン。

*15:ヤサコの友人、ハラケンのおばちゃん。ライダーで空間管理局の人。見た目が大人の女性だが、実は17歳女子高生で視聴者驚愕。

*16:ヤサコのおばあさん「メガばあ」。電脳については一日の長の、天才。

*17:謎の電脳生物。正体は不明で、基本的に黒く、色々迷惑をかけることが多い。これが物語のカギ。

*18:この世界で都市伝説的な存在。幽霊みたいなものかと思ったら、イサコと結合してパワーアップするという超展開に。正体はいまだに謎!

*19:クビナガは、黒い空間のみを知覚して移動できる。黒くないところに行くと破壊されてしまう。

*20:12話で、ヒゲ型のイリーガルが求めた、生き延びる最終地点。イリーガル自体はバグなので、形態を維持するだけでも大変なのです。

*21:電脳コイルでは毎回最初に「○○のうわさでは・・・」という感じのナレーションが入り、これがまた謎を深めている。

*22:クビナガが、仲間と勘違いしたのかどうなのか、煙突群に向かって突進して光を浴び、崩壊してしまうシーンがある。涙。

*23攻殻機動隊愉快犯

*24:イサコが病院におじさんのお見舞いにいった際、二つ持っていた花束が一つになっているので、「兄は入院している」説が出た。

*25ドラえもんは、のび太が植物人間で見た夢、という都市伝説が流行ったことがあり、トラウマを覚えた少年少女も多かった。

*26:ミチコさんは「会えば願いを叶えてくれるとも言われる神隠しの女神」という噂があったり、行方不明になった子供がいると言う話があったりする、子供達の噂の核心部分。今のところ噂どまり。

*27:電脳世界でも、おえらいさんの管轄が違うので、道路を探索するサッチー神社に入れません。

*28:ヤサコが見る夢?の中に出てくる神社の名前。

*29:初期からちょろちょろ出てきている謎の数字。最近それが、ヤサコがキスをしたことがある一人の少年であることが判明。顔は出ていません。

*30:アニメ版・マンガ版と全くの別物。あくまでもパラレルワールドとして読むべし。でも死ぬほど面白いし表現が妄想をかきたてる!

*31:電脳コイル12話参照

*32:電脳コイル13話、クビナガの話が映画版ドラえもんに似ていることからそう呼ばれることがある。

*33:玉子おばちゃんは、小学生のハラケン少年にべたべたちゅっちゅするすごい女子高生。なんというショタコン。すばらしい。

*34:してるんです。ほんとに。

*35:どちらもアーサー・C・クラークの作品。

*36:ドラえもんのび太の鉄人兵団のこと。

*37:ダイチの友人で、今はイサコの下で下僕として働いているニヤニヤした少年。

*38:目を帽子で隠し、割と冷静に全体を見ている少年。今はイサコの下で小遣い稼ぎ中。

*39:謎のカメラをもった青年。今の時点では全くの謎キャラ。

*40:カメラ+メガネで、「ひぐらしのなく頃に」のトミタケっぽいと言われることがある。時報はもういやだー!

*41:ハラケンの友人で、謎の事故で亡くなっている。死ぬ前にメッセージを残していた。

*42:ヤサコのペットの犬。電脳ペットなので、メガネをかけていないと見えません。謎のカギを首にぶらさげ、色々なトラブルに巻き込まれるので、話に何らかの関連が??

*43:電脳コイルEDはデンスケのみの登場。メガネをかけていない少年に見えたりと謎が。

*44:「ダイの大冒険」に出てくる強力な魔法。魔方陣で陣内の敵の邪悪な力をすべて打ち消してしまう。巨大なのも可能

*45:第一話でヤサコは金沢から引っ越してきた。金沢ではヤサコは色々あったらしいが…

*46:現在の舞台。電脳の開発力はトップクラス。

*47:4年前、メガばあと玉子おばさんの間では、何か大事件があったらしい。