スマートフォン用の表示で見る

通過儀礼

一般

通過儀礼

つうかぎれい

イニシエーション

20世紀初頭にフランス民俗学者であるアルノルト・ファン・ヘネップが作り出した言葉。

ヘネップは1909年に自身の著作である「通過儀礼」の中で、「人がある状態から他の状態へ移行する際、洗礼等と同様に通過の際の特別な儀礼を呈する」とした。

原始社会における割礼や戦国時代等の元服、また現代社会における成人式などを指す。