Hatena::ブログ(Diary)

WebLab.ota このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-04-05

何故政治にネット規制反対派の声が届かないのか?

| 02:50 | 何故政治にネット規制反対派の声が届かないのか?を含むブックマーク 何故政治にネット規制反対派の声が届かないのか?のブックマークコメント

ダウンロード違法化に続いて,ネット規制推進派が爆走中である.それに対して各所で悲鳴が上げられている.

日本のインターネット産業に大きな節目?--自民と民主が重要法案を準備 - CNET Japan

インターネット歴史を知っている人ならすぐ気づくと思うが、これは1996年アメリカで成立した通信品位法(CDA) と同じだ。これに対して消費者団体ACLUが訴訟を起し、1997年連邦最高裁違憲判決が出て、CDAは葬られた。それ以来、この種の規制表現の自由を侵害するもので、公権力は介入すべきではないし、その効果もないというのが世界常識だ。インターネットには国境がないのだから、国内法でそんな規制をしても、有害情報の圧倒的多数を占める海外サイトは取り締まれない。今時こんな時代錯誤の法案が国会に出されるのは日本の恥だ。

規制強化の先頭に立っているのが、新聞の特殊指定騒ぎのとき、新聞業界の提灯持ちをつとめた高市早苗氏だ。新聞既得権は守るが、インターネット表現の自由は圧殺しろというわけだ

指定されたページがみつかりませんでした - goo ブログ

指定されたページがみつかりませんでした - goo ブログ

たとえば有名な巨大掲示板である2ちゃんねるなどもアメリカサーバがあるという話は有名です。実は2ちゃんねるだって海外サイトなわけです。この法律では2ちゃんねる未成年に見せなくする事はできないでしょう。

フィルタリングソフトにしても、回避手段はいくらでもあります。未成年の間で回避手段が流通するだけで終ってしまうでしょう。

ようするに税金を使って無駄な仕事を発注する事になるわけです。

ネット料金が高騰し、政治家の懐に入る法案が審議されてる!?:らばQ

osakana.factory - 日本の子供たちからインターネットが消える日

no title


……本当に,ダウンロード違法化で敗戦してからというもの,モバイルフィルタリング児童ポルノ規制,そして今回のネット規制と続けざまに宣戦布告されている.しかも,どれも旗色が悪いときている.

何か箍が外れてしまったのだろうか,関を切ったように規制推進派の波が押し寄せてきているようで,いろいろピンチである.

サイバースペース独立宣言

今回のネット規制はまさしく池田信夫氏が指摘している通りCDAと同じである.そして,このCDAが成立したその日(1996/2/8)にネット側の意見として発表された「サイバースペース独立宣言」というものがあるのだが,これが非常に面白い.

サイバースペース独立宣言

我々は選挙によって選ばれた政府など持たないし、また持つ気もない。従って、私がお前たちに向かって語りかける言葉には、自由が常に語ってやまぬ言葉以上のいかなる権威も含まれていない。そこで私は宣言する。我々が建設中のグローバルな社会空間は当然ながらお前たちが押しつけようと画策する専従体制からは独立している、と。お前たちは我々を規則で縛ることが出来るような道徳的な権利など持っていないし、また我々が真に恐れるに足るようないかなる強制手段も持ち合わせてはいない。政治は統治される国民の同意があって初めて力を持つ。お前たちは我々の同意を促すこともできない。我々はお前たちを歓迎しない。お前たちは我々のことを知らないし、我々の世界も知らない。

(中略)

お前たちが考える、所有、表現、自我、運動、前後の関係(コンテクスト)に関する法的概念は我々には適用されない。それは物質に基づくものだからだ。我々の世界に物質は存在しない。

(中略)

お前たちは自分たち自身の子供に脅えている。子供たちはサイバースペースネイティブなのに、お前たちの方はいつまでたっても根付かぬ移民のままだからだ。この子どもたちを恐れるがゆえに、お前たちは、自分たち自身では卑怯にも真正面から引き受けることの出来ない親としての責任官僚たちに委ねるのだ。

この「子供たちはサイバースペースネイティブなのに、お前たちの方はいつまでたっても根付かぬ移民のままだからだ。」という台詞はカッコいいし,今でも通用するだろう.が,10年以上前とは状況が大分違い,「ネットのことはネットでやるから構わないでくれ」という考え方にはズレを感じてしまう.

何故なら,Googleは確実に人々の情報に対する認識を変えたし,生き方も変えた.YouTubeP2P著作権という概念を根底から揺さぶり,ネットリアル世界をどんどん変えていったのだから.ネットは「ネットに構うな!」と言いつつも,リアルに対して人畜無害だった訳でなく,リアル世界を凄い勢いで侵略していったのだから,リアル世界リアル世界の方法と信念で反発してくるのは道理だ.

なぜ政治家たちはネットに来て我々ネットユーザーに聞いてくれないのでしょうか。

ネット料金が高騰し、政治家の懐に入る法案が審議されてる!?:らばQ

とか

俺はね、政治的な活動って、大嫌いなんだよ。絵描いてる方が好きだし、実は高校の頃は音大目指してたくらい音楽も好きなんだ。上手い飯食うのも作るのも好きだし、一応まだ学生でもあるから、調べものしてたり、あとコード書いたりするのとか、そういう方が何倍も好きだし、お金にもなる。MIAU のような活動、別に一銭にもなっとらんのだ。

でもさ、児童ポルノ法の改正案もムカついたけど、この法案には反吐が出る。分かったよ、政治活動って、こういうのが原動力になってやることだったんだね。だから、がんばって騒ぐことにする。

osakana.factory - 日本の子供たちからインターネットが消える日

なんて言葉を見るとやっぱり違和感を覚える.

何故,ネットはこんなに政治に対して消極的な参加しかしてこなかったのだろうか?ビジネスライフハックや表現といった分野ではどんどんリアルを侵略していったのに,何故,政治のこととなると,こんなにも受身なのだろうか?と.

サイバースペース独立宣言」で示したように,「ネットネットの中でやるから」という方向から「リアルを積極的に侵略する」方向にいつの間にか舵を切っていたのだから,やっぱり歯を食いしばっても,積極的に政治コミットするべきだったのではないか?

(正直,今回のバカバカしいネット規制は,ネットに詳しいブレーンが政府に一人でも入っていればそのバカバカしさに気づく程度のものだし,福田さんもしくは小沢さんに直接電話で話すこのとできるネット民がいれば,優しく諭すことができる問題だろう.そう思う.)

赤池赤池 2008/04/06 13:31 インターネットの規制はしないと嘘、不正、人権侵害が多発しています。人権侵害の方法という概念から当たり前です。自由とは責任もあります。よく理解することは無理ですか。

kkzy9kkzy9 2008/04/06 13:58 ネットの人間がネットの中でいくら叫んだところで、彼らはネットを見ることすらしませんしね。

名無し名無し 2008/04/06 14:40 >福田さんもしくは小沢さんに直接電話で話すこのとできるネット民がいれば
とりあえず自分たちができる範囲で、
みなさんが住んでるところで選出された議員にでもメール/電話してみれば?
あるいは、議員のブログにかたっぱしからトラックバック/コメントしてみれば?
年金問題、SWF、30年続く暫定税率、10年持たない恒久的減税、ゆとり教育、夕張市...
選挙以外でも議員の仕事をウォッチしてないとすぐにあらぬ方向に行ってしまい、
気がついたときには手遅れになります。
ここで放っておくと数年後に次のようになってしまうかも。
(2008年3月27日発行、JMM [Japan Mail Media] No.472 Thursday Edition、『大陸の風−現地メディアに見る中国社会』第120回「五輪前の中国」、ふるまいよしこ:北京在住・フリーランスライター、から引用)
--- quote ---
まずはもちろん、インターネットだ。チベットの亡命政府があるインドで10日に
始まった、「ラサへの徒歩行進」については香港紙がすでに8日ごろから伝えてい
た。しかし、それを手がかりに香港や海外のサイトでチベットのニュースを集め始め
た頃、だんだんインターネットによるチベット情報へのアクセスが難しくなった。こ
れまでも台湾情報を集める際に使ってきたプロキシーサーバーによるアクセスですら
もかなり難しくなり、一旦チベット関係のサイトを開くと、後に開こうとしたページ
はそれが日本のエンターテイメントニュースであれ、アメリカの大統領選挙関連のペ
ージであれ、開けなくなる。先週いっぱいは中国政府の主張を支持する中国語サイト
(一部ニュースサイト含む。ただ、新華社などの公式ソースは開けた)すら、半日
待っても開けなかった。
--- unquote ---

T-norfT-norf 2008/04/06 22:47 ↓個人的には、この「オープンネットワーク党」が理想なんですけど、無理かなぁ...。
http://d.hatena.ne.jp/T-norf/20080401/OpenNetworkParty

n_euler666n_euler666 2008/04/06 22:52 >赤池氏
規制の必要性について今回は考えていません.でもやり方がおかしいとは思ってます.

>名無し氏
はてブでも「どうやって意見を届ければよいのか?」という話が出ていますが,どうすればいいんでしょうねぇ?(むやみにブログやメールで文句言ってもノイズとして処理されるでしょう)
直接意見を(電話とかで)言うにはやっぱり政治家の信頼を獲得しなきゃだめだろう.しかし,ネットの人はそういったリアルの付き合いとか嫌いそうだしw
………それでも,何とかして,その中から政治的資質を持っている人(若しくは何でもソツなくこなせる器用な人)を探し出して,ネット民意を伝える仕事をしてもらわないと.

ぶりぶり 2008/04/07 15:41 だいぶ前、この騒動が目立ち始めた頃にあるブログで述べられていましたが、
“リアルワールド”に居住する議員さんたちに対して最も効果のある訴求方法は
実は「手紙」なのだそうです。

メールやブログといった、電子情報手段が当然にして重要な価値を持つネットネイティブに
対して、あくまで“物質的な世界”に居住する人たちにとっては、
それら純粋に“情報”としての形態しか持たないモノはノイズにしか映らず
(あるいは信用されず)「物質的な存在証拠を持つ」“手紙”こそが大きな意味を持ち、
そしてまた逆に、それがあまりにも古い情報形態なるが故に今度はネットネイティブに
気付いてもらえない・・・・・・・
双方の「情報環境意識」の違いに基づくカルチャー(コミニュケーション)ギャップは
まるでSFの“ファーストコンタクト”ものを想起させます。

nanahusinanahusi 2008/05/13 17:47 ネットには政治的活動のノウハウが蓄積されていないのが大きいと思います。
政治的活動のノウハウは実社会に根付いたものであり、それらを持っているのは中年、老人です。
自然と、若い層で占められるネット住民は政治力が弱いことになります。

でもノウハウが蓄積されればネットは莫大な力を得られると思います。
どっかにまとめサイトみたいな形で、「政治家に有効な抗議活動方法」を示せば、
政治的ノウハウを持たない人でも、そのまとめサイトを参考にして行動を起こせるからです。

ハルハル 2008/06/07 20:47 嘘、不正、人権侵害はリアルでこそ多発しています。リアルを規制しましょうか? たとえば子供は外に出てはいけないとか。



Connection: close