Hatena::ブログ(Diary)

多余的話 このページをアンテナに追加 RSSフィード

10/12/19

[]久方ぶりに 久方ぶりにを含むブックマーク 久方ぶりにのブックマークコメント

長い文章が書けなくなってきてツイッターばかりの日々ですが、お元気ですか?久方ぶりにブログなるものを書きたくなったので、書いてみます。あと、ツイッターとこのブログの提携なるものもやってみました。

[]民国100人民国100人?を含むブックマーク 民国100人?のブックマークコメント

先週、台湾で知った興味深いニュース

台湾の国史館が来年の民国100年記念の企画としてインターネットによる

民国100人投票を行ったところ、毛沢東が孫文蒋経国に続く政治の3位に入ってしまい、臂平が何と軍事の一位をとってしまうという事件が。

これが大変に議論を巻き起こしてしまい。最後は、国史館の林満紅館長の辞任に至る。

[]闇に吠える街 闇に吠える街を含むブックマーク 闇に吠える街のブックマークコメント

ここ数ヶ月、なぜかBruce Springsteen自分の中でブームで、当然のごとく闇に吠える街リマスターを買い、1978年ライブばかり見てます。格好いいですよ。



D

2010年12月19日のツイート 2010年12月19日のツイートを含むブックマーク 2010年12月19日のツイートのブックマークコメント

08/01/01

[][]謹賀新年 謹賀新年を含むブックマーク 謹賀新年のブックマークコメント

皆様。新年、明けましておめでとうございます。


実家にて読書とテレビ三昧です。今日の午後はBS世界ドキュメンタリーを見てました。


あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅

あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅


大晦日から今日にかけて読んだのが上記の本です。走り書きとなってしまいますが、大変に良い本で、オススメです。歴史に真摯に向き合う、とよく言われる言説ですが、それを誠実にきちんと行っているのが伝わってきます。著者に会っていろいろとお話を伺ってみたいと思いました。この本についてはまた追記するかもしれません。


今年も何とぞ、よろしくお願い申し上げます。

07/12/02

[]第14回の戦後「満洲」史研究会(2007年12月9日第14回の戦後「満洲」史研究会(2007年12月9日)を含むブックマーク 第14回の戦後「満洲」史研究会(2007年12月9日)のブックマークコメント

各位

向寒のみぎり、皆様いかがおすごしでしょうか。

連絡が遅くなり大変に申し訳ありません。第14回の戦後「満洲」史研究会を2007年12月9日(日)に以下の要領にて開催します。

第14回 戦後「満洲」史研究会

日時:2007年12月9日(日)11:00〜13:00

場所:場所:上智大学四谷キャンパス7号館第2会議室(12階)

http://www.sophia.ac.jp/J/sogo.nsf/Content/campusmap_yotsuya

【報告】

報告者:小都晶子氏(大阪大学非常勤講師

報告タイトル:「満洲国」初期における日本人移民用地の取得と中国東北地域社会

―「三江省」樺川県を事例として―」

【参考文献】

小都晶子「日本人移民政策と『満洲国』政府の制度的対応

―拓政司、開拓総局の設置を中心に―」

『アジア経済』第12巻第1号、2006年4月

満洲移民研究会編『日本帝国主義下の満洲移民

龍渓書舎、1976年

07/11/04

[]第13回戦後「満洲」史研究会 第13回戦後「満洲」史研究会 を含むブックマーク 第13回戦後「満洲」史研究会 のブックマークコメント

遅れてしまって申し訳ありません。研究会の告知です。

========================

各位

秋冷の候。皆様いかがおすごしでしょうか。

さて第13回の戦後「満洲」史研究会を2007年11月10日(土)に以下の要領にて開催します。みなさま、ふるってご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

第13回 戦後「満洲」史研究会

日時:11月10日、16:00〜18:00

場所:早稲田41-31号館2階、会議室(201教室)。

※本キャンパスからは少し離れた場所にあります。

※東京メトロ・早稲田駅より早稲田通りを神楽坂方向に徒歩1分。

2番出口より、「酒の小倉屋」の方 へ横断歩道を渡り、3つめのビルです。

マップ http://www.china-waseda.jp/wiccs/contact.html

【報告】

報告者:木場篤彦氏(NEDO技術開発機構)

報告タイトル:「本溪鋼鐵公司の生産構造の形成に関する歴史的研究  -日本から中国へ継承された一企業の事例-」

【参考文献】

村上勝彦、奈倉文二『大倉財閥研究-大倉大陸-』近藤出版社、1982.

鄱本渓湖会「太子河」編集委員会編『太子河−満洲本渓湖100年の流れ』本渓湖会(武蔵野市)、1992.11.

鄴公司関係資料(東京経済大学一橋大学、本渓鋼鉄公司档案館、本渓市図書館所蔵)

07/09/08

[]第12回 戦後「満洲」史研究会 第12回 戦後「満洲」史研究会を含むブックマーク 第12回 戦後「満洲」史研究会のブックマークコメント

残暑の候。皆様いかがおすごしでしょうか。

さて第12回の戦後「満洲」史研究会を2007年9月29日(土)に以下の要領にて開催します。今回は報告者を2人立てることができました。みなさま、ふるってご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

第12回 戦後「満洲」史研究会

日時:9月29日(土)14:00〜18:15

会場:早稲田大学アジア太平洋研究センター507教室

【報告】

14:00〜16:00

第1報告

報告者:鄭成氏(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係専攻博士後期課程・茨城大学非常勤講師

報告タイトル:「旅大地域接収直後のソ連駐屯軍の政策転換」

(休憩)

16:15〜18:15

第2報告

報告者:李海燕氏(関東学院大学非常勤講師

報告タイトル:「「中華人民共和国建国期における中国共産党の国家統合と跨境民族朝鮮族の場合」」

【参考文献】

◎鄭成報告

石井明 「第二次世界大戦終結期の中ソ関係、―旅順・大連問題を中心に―」、江夏由樹ら編、山川出版社2005年

鄭成「国共内戦期における中共とソ連の相互接近と協力 ―大連の「実話報」を中心に―」、 早稻田大學アジア太平洋研究センター

[編].『アジア太平洋討究』2005年 第8巻

◎李海燕報告

権寧俊「国共内戦期における朝鮮民族の自治と公民権問題」愛知大学国際問題研究所

紀要2007年3月。

海燕「中国共産党の国家統合とエスノナショナリズム―延辺朝鮮族自治州の場合」

『中国研究月報』第696号、2006年2月。

海燕 「中国国共内戦期における東北地区居住朝鮮人国籍問題について」『朝鮮

研究会論文集』第40号、2002年10月。

鄭雅英『中国朝鮮族民族関係』アジア政経学会2000年