Hatena::ブログ(Diary)

枕の下の秘密 

2016-12-31 これから

●公式サイト→ http://kitamurasakiko.net/

f:id:warabisco:20151210232547j:image:w640

北村へのライブ依頼はコチラ☞ kitamurasakiko.info(アット)gmail.com

その他のお仕事依頼はコチラ☞ warabisco15(アット)yahoo.co.jp




《 ライブ 》



7月1日(金)『秋葉原グッドマン20周年公演』

秋葉原グッドマン http://clubgoodman.com/

出演:IKAZUGOKE(北村早樹子と飯田華子)、オクムラユウスケ福岡)、butaji他

☆飯田華子さんとのコント&ラップユニットIKAZUGOKEのファーストギグです!新曲ラップもやります!たぶん!



7月2日(土)『岩下の新生姜ミュージアム1周年記念スペシャルライブ』

栃木岩下の新生姜ミュージアム http://shinshoga-museum.com/news/160428_first-anniversary-live

時間:15時開場15時半開演 入場無料!

☆アルバムにコメントも寄せてくださってライブにもよくお越しくださる岩下の新生姜の社長さん!にお声かけいただいて、この度ライブさせていただくことになりました! 新生姜ミュージアムにはピンクの新生姜色のグランドピアノがあるのです! 弾けるのたのしみ〜! 



7月6日(水)『とんちピクルス・北村早樹子ツーマン』

神保町試聴室 http://shicho.org/

時間:19時半開場20時開演 料金:予約2500円当日2800円(1ドリンク&お菓子付)

とんちピクルスさんとツーマンで、試聴室ひさしぶりにソロで出ます。とんちピクルスさんめっちゃおもしろそうな人なので、わたしもなんかひとネタ考えて挑みたいです!



●ひさしぶりに劇に出ます!

7月21日(木)〜23日(土)

劇団SWANNY 第九回公演 ジャン・ジュネ作 千木良悠子演出『女中たち』

出演:北村早樹子、千木良悠子金子清

場所:浅草橋ルーサイトギャラリー

チケット:前売3500円 当日4000円(菩提樹花のお茶付き)

チケット予約:http://www.swanny.jp/ticket

☆比較的あてがき芝居に甘えさせていただいてきたわたしですが、今回はジュネです!ガチです!演劇です!北村女優歴至上もっとも女優に徹して演技をしています!超がんばってるのでぜひ見にきてくださいね!




《月刊官能文芸誌『特選小説』にて連載開始!!》

月刊官能文芸誌『特選小説』にて、北村早樹子の「マイクを握って♡」というほんのりエロいエッセイ連載はじまります! 『特選小説』は岩井志麻子せんせい、森下くるみさん、ドルショック竹下さんと、大好きな方がたくさん書いておられる雑誌なのでたいへんうれしい! これを機にみなさま手にとってみてください! 連載ページのイラストはもちろん飯田華子さんです☆



《北村早樹子の「そんなに不幸が嫌かよ!」》

わたしが連載エッセイや連載小説、コラム、書評などの文章をお送りする【北村早樹子の「そんなに不幸が嫌かよ!」】というメールマガジンがはじまりました。ぜひご登録を。毎月月末配信。無料です。バックナンバーもここから読めます→http://www.mag2.com/m/0001664038.html

2016-06-27

6.20〜26日記

06:11

6.20月

普通に労働。特筆すべきことはなし。

6.21火

普通に労働。特筆すべきことはなし。

6.22水

朝から飯田橋の某所へちょっと買い物に行って、その後新宿で飯田さんとおちあい、キンコーズでコントDVDのジャケットを印刷&カッティング&折り折り。平日の昼間の新宿キンコーズはおじいさんがいっぱいで、隣のテーブルではなにやら同人誌的なものを作っているようなおじいさんがふたりで楽しそうに作業している。途中から後ろのコピー機に見覚えのある白髪ベートーベンヘアーのおじいさんが来て、あれっこの人バイト先に毎日ぐらい来ている常連のおじいさんやん! とうっかり話しかけそうになったけど自粛。2時間ぐらいで200枚分作って、足立区へ帰還。飯田さんちへ行って今後はDVDへ差し込んでいく作業。飯田さんちの猫(金太)は普段わたしにはあまり懐いてくれないのやけど、今日は何故か自らすり寄ってきてくれて驚き&うれしい。ぶじ内職は終了して、今度はふたりで我が家に移動して、7月1日のIKAZUGOKEライブの練習。この日はじめてやる新曲が2曲あるので、それの練習。どちらもすごくいい感じになりそうなので、7月1日はぜひ秋葉原グッドマンへ! さて、練習終わったので、飲もーっとなり、我ら行きつけの某飲み屋へ。最近いつも満員で入れないことが多かったのやけど今日はわりと空いていてラッキー。ぬか漬けともつ煮、肉じゃがたまねぎフライなど頼んでご満悦。いつものようにふたりでたのしくおしゃべりしていたのやけど、後半、このお店に毎日来ているらしい常連のおっさんおばはん軍団に盛大にからまれる。いや、すごく好意的にからんでくださって、色々興味深いはなしなんかも聞けちゃったので楽しかった。土着の飲み屋コミュニティみたいなのが結構この町はしっかり出来上がってるようで、どのおっさんもおばはんも、「なんかあったら助けるから、○○さんって名前出してもらったら大丈夫だから!」と何がどう大丈夫なのか全然わからんのやけど、みんな決まり文句のようにゆってくれる。でもこのノリ、古き良き下町のヤンキー文化が色濃く感じれるセリフで、ちょっと漫画みたいでうれしくなっちゃった。楽しかったけど、ふたりではなし足りない感が残ったので、再び我が家で家飲み。さっきのおっさんおばはんの職業やら素性などをふたりで想像して、東京の裏社会と直結してるあれやこれやを思い浮かべてどきどきわくわくにやにやした。内職〜ライブの練習〜飲み、と一日こってり12時間ぐらい飯田さんと過ごして楽しい日やった。

6.23木

朝から病院。いつも通りに検査&診察して、普通に終了し、大量のお薬をもらって帰宅している最中に事件は起きました。帰りの電車でわたしはグーグー寝てしまい、おっと慌てて起きて飛び降りたのがあかんかった。大事な大事な2週間分のお薬(6000円相当)が入った袋を、電車の椅子の上に置いてきてしまったのであーる! 改札出てすぐ気づいたのやけど、勿論もう電車は発車してるので、駅員さんに事情を説明して助けてくださいと訴える。しかしなんか最初わたしを対応してくれた駅員さん、まだ若くてたぶんわたしより年下で、めんどくさいことは避けたいですって顔に書いてる兄ちゃんで、東京メトロお客様忘れ物センターの電話番号書いてる紙渡されてここに電話してくれと言われて帰された。すぐさま電話したら、うちは届いた忘れ物を管理してる場所だから、そんな数分前の忘れ物はこちらでは探せない、駅の方で探せるはずだから駅に行ってくれと言われ、再び駅へ戻り、今言われたことを説明。しかしこの辺でタイミングわるく、隣駅で人身事故が起きたせいでそっちの対応が大変で、全然わたしにかまってくれる駅員さんがいない状態で1時間ぐらい待つ。泣きそう。ちょっと手のあいたおじさん駅員が来てくれたので、自分が難病持ちですごく大事なお薬を忘れてしまって困っているむねを切実に訴える。と、このおじさんは結構親身になって、色々電話して探してくれたけど、でも結局見つからず。まっくらな気持ちで、病院に電話して、事情を説明し、もう一回お薬処方してくれますかと尋ねたら、二回目は保険が効かないから10割負担になるけどそれでもよければ来てくれといわれる。うそでしょ! 10割てことは2万ぐらいかかるやん。あーもう無理、死の! て気持ちで帰って伏せる。3時間後ぐらいに、もう一回忘れ物センターに電話して、東京メトロだけじゃなくJRとか小田急にも電話したら、なんと! 出てきた! 小田急代々木上原駅にありますとのこと! うわーん! よかった! 早まって死なんでよかった! 急にほっとして、その前に今日は7月1日オープンのLOFT9渋谷内にあるブックカフェBOOK9に、CDとDVDを納品に伺うことになっていたので、気を取り直して準備して、渋谷へ向かう。ユーロスペースの1階部分に出来るこのお店、行ってみると明日プレオープンとのことやのにまだ絶賛大大大工事中! でも棚の部分は出来てて、N宮さんに教わって納品書を書いて、値札づけをやって、棚づくり。ぶじ出来上がりました。ということで、北村早樹子と飯田華子棚があります。わたしのCDやレコード、飯田さんの漫画、それから二人のコントDVDもありますので、お立ち寄りの際は見て見てね! さて、やっとこさお薬ちゃんを迎えに行く! 代々木上原駅の忘れ物センターでお薬ちゃんと感動の再会! ああ! 可愛い可愛いお薬ちゃん! と大事になでなでしながら帰りました。予想外に疲れた日やった。自分がどんくさすぎるだけやけど。

6.24金

お昼から下北の稽古場で『女中たち』お稽古。今日は美術のK藤Cかさんがいらしてて、はじめて稽古を見てもらったところ、色々とご意見を頂戴し、わたしはすっかり困惑。K藤Cかさんはすごく色んな舞台をつくってらしゃるベテラン売れっ子美術さんなので忌憚なきご意見をずばずばゆってくださる感じなのやけど、そういう雰囲気がわたしはじめてやったので、急になんか方向性とかがわからなくなっちゃって、改めて演劇ってむずかしいと痛感したお稽古やった。お稽古終わると夜は雨がばしゃばしゃ降ってて、コンビニ傘買って相合傘しながら今日もC子せんせいのおうちへお邪魔。またまた愛情たっぷり栄養たっぷりの健康ごはんをいただいてしまった。今日はお母様お帰りが遅いとのことで、主にC子せんせいがお料理してくれて、舌平目のムニエル、なすとゴーヤおひたしアボカドと豆腐とトマトと玉ねぎのサラダ、ひじき、ごはん、おみそ汁、今日もたくさん食べた! 途中でお母様がご帰宅。舌平目なんて高級魚! とわたしが言うと、C子せんせいにもお母様にも笑われてしまった。舌平目なんてオシャンティなお魚、おうちで食べたことないもん。家で焼く魚って、鯖とかさんまとかせいぜい鮭やろ。舌平目なんて! ムニエルなんて! レモンをしぼって食べるお魚なんて! ありがたや〜と感涙。とってもおいしかった。満腹でC子せんせいのお部屋にお邪魔して、『女中たち』のもとになったパパン姉妹事件の映画をみせてもらったり、毒殺魔ってことで木嶋佳苗ちゃんの研究をふたりでやったりした。お稽古して、健康ごはんをいただいたので、帰っても身体がぽかぽかしていたけど、これはむし暑いからなのか? 血が巡ってるのか? 

6.25土

すごい! 昨夜千木良家で高級魚とお野菜たっぷり晩ご飯をもりもり食べたおかげで、二度寝三度寝四度寝ぐらいに成功し、合計7時間ぐらい寝た! これは超ど級の不眠症わたしにとっては大大大快挙! やはり、お稽古は体も脳みそも使うし、そしてごはんで胃腸も使って、わたしはこのお芝居ですごーく健康になれるかもしれない! 今日と明日はおでかけの予定はないので、家で宿題をしたり洗濯したり、セリフ覚えをやったり、ピアノを弾いたりして過ごした。夜、とても大事な人のとても心配なことを聞いてしまって動揺。わたしは先日のお薬騒ぎもそうやけど、自分が病気であることはもうわりとオープンに、なんなら傍目にはうっとうしいぐらい表に出してしまってるけど、かっこいい人はそういう弱いところは見せないし感じさせない。うー心配や。ネットで病気のあれこれを調べてそわそわする。どうかぶじであられますように。そんな気持ちでぼんやりテレビつけてたら、野性爆弾くーちゃんが出ていて、最強の絵描き歌ひとりコントをやっていて、噴き出して笑って救われた。昔から野性爆弾くーちゃんは大好きです。

6.26日

いっぱい寝れたのはやはり昨日だけで、今日はまた2時間で苛々して起きてしまった。それどころかたった2時間のうちにちょっとした夢遊病が出たのか、足に傷がいくつか出来てて、しかも布団で寝たのに、目覚めたら座椅子に座っていた。なにしたんや! 謎! そんなこんなで早朝4時から漂白祭をはじめることにした。わたしはハイターのにおいが大好きで、職場でもちょっとの時間を見つけては自主的にハイターかけまくっていてまるでハイターおばさんなのやけど、ひさしぶりにおうちでもハイターしまくった。コップや食器、タオル類をたくさん。あーええにおい♡ 灯油の次に好きなにおい。そして早朝5時ぐらいから元気に『女中たち』をひとりで小声で練習し、そうや髪の毛切ろーて思い立ち、お風呂で切った。ちょっと切りすぎた。ほんでまたちょっとごろごろしたり、ピアノ練習したり、またごろごろしたり、宿題したりしてたらあっという間に日曜が終わった。

2016-06-20

6.13〜19日記

06:16

6.13月

普通に労働。後、大阪時代の友人、Eちゃんが面接のため上京しているというので10年ぶりぐらいに会った。Eちゃんは高校時代、別の高校やったのやけど唯一高校時代におうちに遊びに行く間柄の友達で、わたしに都会的なハイカラな文化を教えてくれたのは全部Eちゃんやった。だけど高校卒業したくらいにEちゃんは東京へ行って、逆にわたし東京へ行ったぐらいにEちゃんは大阪に戻ったのですれ違いで、なんやかやで全然会わなくなっていて、すんごくひさしぶりに会ったら、お互いバージンをあずけた相手と結婚して離婚してバツイチ、という似たような顛末になっていたけどでも話していたらEちゃんはすごくガラス細工のように繊細でピュアなままで、自分が如何に薄す汚れた大人になってしまったのかとしみじみ感じた。

6.14火

普通に労働。ありがたい文のお仕事依頼をいただいて、しかしもう期日が差し迫っている! 帰ってもりもり書く。ところで薬の副作用で嗅覚やられてずっと西成臭に憑りつかれていたあれですが、勝手にちょっと薬を減らしてみたらましになった。とおもってたら今日、労働帰り、最寄り駅についたら突然ものすごいうんこの臭いがして、あれれっおかしいな〜とおもったら、普通に駅のホームにうんこが落ちていた。しっかりと茶色いころんとしたうんこが落ちていた。あれは犬のうんこではない、駅の中やし。絶対人糞である。西成ではそのへんに人糞が落ちているのは日常茶飯事やけど、まさか東京で! まあここは足立区やからね。人糞が落ちていても不思議はない。ところで、北村早樹子の公式ウェブサイトがリニューアルオープンしました! わらびすこ舎の元副舎長(副舎長業はこの3月で卒業して、今は西宮にquiet roomというお店をオープンしてます)がつくってくれました! 歌、劇、文、それぞれの過去の作品にはわたしのひとことコメント付きでの、新明解北村早樹子辞典的なページになっております。見てね☆ http://kitamurasakiko.net/

6.15水

おひるから飯田さんが我が家にやってきて、7月1日に一緒に出るライブの打ち合わせ&曲作り。そうです、わたしたち、IKAZUGOKEというユニットを組んだのです! このユニット名、インタビューなどでは話したことあるけど、最初は『わたしのライオン』の大バンドのバンド名にしようと思っていたのやけど、N村Pから猛反対にあい、それでお蔵入った名前やって、それがこの度成仏する形でユニット名になりました! わたしたち、母親教室の中では「母に感謝」てラップを歌ってますが、その延長で新曲を作りました! 飯田さんがすごくおもしろい歌詞を書いてきたので、ピアノで一緒に曲作り。最初五木ひろしの「夜明けのブルース」みたいなイメージって飯田さんゆってたのやけど、なんかわたしのテイストが入ると恨み節みたいな暗黒ソングになってしまった! 夜は特選小説の編集Oさんがはるばる足立区までいらしてくださって、3人で、連載がぶじはじまった打ち上げをした。飯田さんとわたし行きつけのあのお店はなんと満席で入れず。仕方ないので第二候補の大衆酒場と、もつ焼のお店、2軒ごちそうになった。Oさんもこの町が気に入ってくださったようでとてもうれしい! なんか、こういう編集さんと飲みに行って色んな意見を交換したりってとても勉強になる。次号の案なども話したりしつつ、Oさんは前回の母親教室にも来てくださっていたので、結婚観とかそういうおはなしもした。この辺の飲み屋はだいたい11時には閉まるので、2軒目が閉店になったのでお店を出て、Oさんを駅へお見送りし、その後飯田さんと再び、今度は我が家で飲んだ。楽しい一日やった。

6.16木

おひるから下北の稽古場で『女中たち』のお稽古。今日は振付の先生がいらしてて、日舞茶道の所作を習った。今回の『女中たち』、原作はジュネなのでフランスのおはなしなのやけど、会場はふるーい日本家屋のお屋敷なので、着物でやるのです。先生にすり足とか手の動きとかを色々と習った。着物の所作には全部意味があっておもしろい! でもむずかしい! 動きながらしゃべりまくらないといかんので結構体力がいる! しかし意外とわたし、体力あるようである! と、帰り道にC子せんせいに言われた。お稽古の後は、C子せんせいのご実家にお邪魔して、なんとC子せんせいのお母様の愛情たっぷり栄養たっぷり手作り晩ご飯をいただいてしまった。というのも、わたしのあまりにもひどい食生活や病気のことを、C子せんせいずっと心配してくださってて、それをお母様にもおはなししていたらしく、わたし食育しますっ!となって、それでおうちにお邪魔することになったのです。そして、台所に3人で立って、ごはんを作るところから色々と教わった。手を洗ってください〜、野菜を切ってください〜、お魚を焼いてひっくりかえしてください〜とか、お母様に手取り足取りご指南いただいて、なんか調理実習みたいで楽しかった。C子せんせいとお庭に大葉を摘みに行って、それを使ったりして、なんかもう、食べる前から健康になっちゃった気分。そして出来上がったごはんが、ほんとにわたしの実家なんかでは絶対にお目にかかれないような、見た目も美しく、栄養も抜群の、すばらしい晩ご飯! 鯛のきのこ野菜あんかけ、煮物、おみそ汁、そら豆、お揚げと生姜と大葉の混ぜご飯、おいしい豆腐。デザートに高級なはっさくまで剥いて出してくださって、全部すごいおいしくってもりもり食べて完食したら、お母様もC子せんせいもすごいよろこんでくれて、なんか、ごはん食べたらよろこんでくれるのか、ということを知って感動した。そういえば、ちょっと前に飯田さんのご両親とお食事したときも、わたしが産まれてはじめて羊の肉を食べて、おいしいってゆったら、お父様すっごくよろこんでくれて、わたしがごはん食べただけで、こんなによろこんでくれる人がいるのか〜って、この歳になって体験して、感動して、動揺している最近です。ごはんのあと、C子せんせいのお部屋でテレビをみたりだらだらおしゃべりしたりコーヒー飲んだりして、すっかりくつろがせていただいてしまった。なんだか愛情みたいなものを浴びせてもらった一日やった。お稽古で運動したし、おいしいごはんももりもり食べたし、愛情までふりかけてもらって、心身ともにすごく健康になった!

6.17金

朝から文の宿題とずっとにらめっこして、ひるから大学病院の通院日で病院へ。帰ってもまたすぐ宿題の文とにらめっこ。夜、一応書けたので先方に怖々送ると、おもしろいと言っていただけてホッ。しかしちょっと問題あるタブー用語を使ってしまっていたので、それに代わる言葉を考えないといけなくて、でも浮かばない。悩む悩む悩む。

6.18土

朝4時から洗濯機をまわして洗濯祭り。そして朝から特選小説の方の三回目の原稿をもりもり書く。なんか朝からわたし、めっちゃ頑張ってるやーんと良い気になる。しかし暑い。もう真夏やんか。押し入れから扇風機を出してくる。我が家は隙間風ぴゅーぴゅーの木造アパートなので風通しが良すぎて、夏もあんまり暑くないので去年もクーラー殆どつけなくて済んじゃうぐらいやったのやけど、この時期で扇風機発動ってことは、今年の夏は暑いのかもしれない。ガリガリ君2本食べた。お芝居のおさらいなどを家でひとりでやったりして、昨日の原稿ともういちどみらめっこして、特選の連載なども見直して、ああ一日おうちでよく働いた!

6.19日

例の文の原稿を仕上がて最終提出。ふ〜。特選の連載も一応提出したのでふ〜。夕方から下北で、『女中たち』のお稽古。出だしのところ、K子さんにすごくおもしろくなったとお褒めのことばをいただいてうれしい。C子せんせいにもお褒めいただいてしまった。わたしも、だんだんちょっとまた新たなキャラに開眼しつつあって、やればやるほどおもしろい! しかし今日は身体的にちょっとガタが来ていて、足が腫れて帰り道歩きにくくてちょっと困った。ビバ健康。

2016-06-17 6/11 大バンドライブ写真

f:id:warabisco:20160611202050j:image:w640

f:id:warabisco:20160611202146j:image:w640

f:id:warabisco:20160611202432j:image:w640

f:id:warabisco:20160611202535j:image:w640

f:id:warabisco:20160611203709j:image:w640

f:id:warabisco:20160611212834j:image:w640

撮影:市川力夫

2016-06-12

6.6〜12日記

05:27

6.6月

普通に労働。出勤早々、遠くからやや大きめの声で「北村さんっ!」 と呼ばれ、振り返ると「わ〜M井さん!」とわたしも興奮してやや大きめの声で反応。演出家M井さん&制作Sさんが偶然打ち合わせにいらしてて、ばったりお会いできてうれしかった。その他は特筆すべきことはなし。

6.7火

普通に労働。後、西早稲田メルマガ編集してくださってるM井さんの紹介で、N宮A子さんとお会いする。N宮さんは生きずらさを提唱してらっしゃる朗読活動をしてらしゃる方ってイメージが強かったのやけど、お会いしておはなししてみると活動とは離れたところでの趣味の話が弾み過ぎて感動する。西成が好き、路地が好き、でわたしはそれぐらいまでしか現場に足を踏み入れたことはないけど、N宮さんはもっとディ―プスポットにたくさん足を運んでらしゃって、T川土手のすごい村の写真を見せてもらって大興奮。一般人が出入りしないフェンスに囲われた内側には、おっさんらが勝手に作ってる闇畑があったり、崩れそうな教会があったり、こんな光景が東にもあるんや〜とたいへん感動した。わたしは去年山谷に行ったけど正直綺麗すぎてがっかりしてて、でもほんとのドヤはこっちやったのか! それ以外にもN宮さんのスマホにはわたしにはお宝画像がたくさんで興奮しっぱなしやった(詳細はあんまり書けませんが)。色んな場所へ連れてってもらえることになった! うれしい! 今年の夏はたのしい夏になりそう☆

6.8水

朝から病院。またしても薬が増えるの巻。この2か月くらいで症状が超悪化したので薬が過去最大量になってて、このヤク漬け(合法)生活から抜け出せる日は果たして来るのか、このまま右肩上がりで増えてったら主食はお菓子の現在から主食は薬っていう暮らしがやってくる日もそう遠くない気がする。あーあって気持ちで帰宅して、家で宿題をやったり、『女中たち』の台本を覚えたりしていたら、どうにも臭い。家の中が臭い。この家にはわたししかいないはずやのに、ものすごい煮詰まったおっさんの加齢臭みたいなんがする。おっさんおるのか?! 江戸川乱歩的なホラーな想像をしてひとりびびりつつ、家に不審者が潜んでいないか確認。うん、どこにもおらん。押し入れにもお風呂にもトイレにもベッドの下にも。となると、我が家は1階なのやけど、もしかしたらすぐ側で浮浪者のおっさんが寝てるとか! 家を出て大家さんのガレージの方とか、周囲を点検。うん、どこにもおらん。えーじゃあこの臭いはなんやねん! こわー! 怪奇現象〜。ま、明日になったら消えてるかな、と未来に一縷の望みをかけて今日のところは捜査中止。

6.9木

起きてもやっぱりまだ臭い。そして更にホラーなことに、顔と首にめっちゃぶつぶつが出来ている。きもい。ここでわたしはハッと気がついた。昨日から新たに薬が増えたのである。ぶつぶつはたぶん薬の副作用。えーこれ、薬やめた方がいいってこと? でも薬一回で9粒とか飲んでるから原因がどの薬なのかがわからない。病院に電話して問い合わせてみたら、やはり副作用らしいけど、勝手に断薬してしまうのはあかんらしい、ぶつぶつぐらいやったら我慢して様子みてくれとのこと。がーん。ついでに、あの、すごくずっと臭いんですってむねも訴えてみたところ、これもやはり副作用やと発覚。薬で嗅覚の変なスイッチが入ってしまってる状態らしい。嗅覚とか味覚とかが変わっちゃう人、結構いるらしい。ということで、不審なおっさんが家に潜んでる説や浮浪者が側で寝てる説、そういう疑惑は消えたのですが、これは薬のお世話になってる以上はこの臭いはとれないってことでもあって、うそやん、ほなわたしはずっと鼻の穴に二体の浮浪者のおっさん飼ってるような状態でこれから生きて行かないかんわけー!? でもまあ、わたしはどちらかというと臭いものが好きなタチなので、ずっと西成におるぐらいの気持ちでおれば、別に全然不快でもないというか、寧ろちょっとおもろいかも。臭いから食欲が失せるとかそんな心配も今のところなし。しかし昨日今日と臭いに纏わることを考えていて、臭いってたぶんある程度精神的なもんな気がするのです。わたしがこんな西成臭が剥がれないようになってしまったのも、先月の西成ドヤ暮らしがたのしすぎて、心のどこかでずっと西成が恋しくて、だからせめて嗅覚だけでもっと、脳がそういう信号を送るようになってしまったんではないかと思うのです。もちろん薬のせいで変なスイッチが入ってるんやけど、臭いの種類はわたし自身の脳が決めてる気がする。まあ医学的根拠はなんにもありませんけどね! ということで臭い問題は解決◎ だがしかし、ぶつぶつは困った! これは女子的にガッデムすぎる。正直、誰にも会いたくない。お外出たくないって気持ちになってしまう。まーでも元の顔面も元の顔面やから、そんな美醜問題を今更落ち込んでもって話やけど、それでも落ち込む。でも引きこもってもいられず、夕方から池ノ上の稽古場で『女中たち』のお稽古。今日はスワニー俳優でもある漫画家K井K夫さんが見学にきてらしゃってキンチョ―。差入れにビスコ持って来てくれた。K夫さんやさしー。今日は二場と三場を中心に動きながらやった。セリフもまだまだやけど、ちょっと流れがわかってきたらお芝居するのもたのしくなってきた。でもそのためにはセリフばっちしにならないとたのしくなれないからがんばらないといけません。次回からは振付の先生がくるそうです。

6.10金

明日の大バンドライブの曲順を決めてみんなに連絡したり、色々細々と連絡&報告業務を朝からして、実は件のH澤氏がこの1か月また業務連絡を無視するようになっていて、何回も連絡してるのに返事無し。電話もつながらない。その件でまた各方面に「H澤さん知りませんかね〜?」と探偵業務に時間を費やしていて苛々。埒があかんので読書タイム。町田康文藝で連載していた『ギケイキ』がちょっと前に単行本ででてて、積読机に乗ってたんやけど読み始めたらめっちゃんこおもしろくて色んなやるべきことを全部放置して一気読みした。これは町田康版の義経記で、わたし義経のことも全然しらんし、ていうか日本史自体超無知やから登場人物もわけわかめやねんけど、関係なく超おもしろかった。

ギケイキ:千年の流転

ギケイキ:千年の流転

いいお天気で朝干した洗濯もんもぱりぱりに乾いてとりこんで、明日のライブのピアノ練習したり踊りの練習したり。夕方百均に小道具バット買いに行った以外は引きこもって過ごした日。H澤氏から返信あり。「メール見落としてました」と言われたのやけど、しつこく何回も何件も送ってるメール全部見落としてるとか、一体どこに目ついてるんですかね! そして自分の業務をほり投げて、今後はM屋さんに(H澤氏の上にいる社長)聞いてくれと言われる。えーそれは要するにつまるところ仕事放棄ってことですよね! もー最後の最後までうんこやわ。最後ぐらいちゃんと綺麗にお別れしたかったのに。そう、北村さんはH澤さんのなりすレコードと先月でお別れすることになってるのですが、その引き継ぎもずっとうやむやで放置されたままになっていて、それでわたしがまた久しぶりに切れてるのでありますよ。ファック!

6.11土

大バンドライブの日。トランクに物販&バットを刺して、いざ赤坂。赤坂に降り立つの超ひさしぶり。ライブするなんてはじめて。地図みながらふらふら歩いてたらなんか見たことある道で、去年のミュージカル瞳ちゃんの稽古場として貸してもらっていたショーパブのわりと近所やった。なつかしい。3時入りで入念にリハ。今回無理ゆって90分もリハ時間もらっていたのです。ソロのときはわたし、リハってすぐ切り上げがちというか、時間押してたりするともう5分ぐらいで、だいじょぶっす! とかゆってしまいがちなんやけど、バンドの場合はそんなわけにいかないし、焦るとほんと、すごい歌いにくい音環境になってしまって音痴の極みになって痛い目をみるので、ワンマンとかツーマンの日は可能な限りしっかり当日リハしたいのである。今回は主催のM屋さんが本当にすごく色んな意味で好条件で無理を多々聞いてくださってて、おかげで入念に通しに近いリハも出来て感謝。お客さんがくるのかどうかだけが気がかりやったけど、なんやかやで結構ぎっしり来てくださってて、もちろんミラーボールズの4年ぶりのライブということでみんなかけつけてらしたのやろうけど、我らのライブもしっかり聴いてくださっててうれしかった。ミラーボールズさんとは5年ぐらい前にご一緒したことがあって、確かそのときにはMCで電撃結婚発表してらしゃって、その後お子さんも二人生まれて今は2児をお育てになっているらしい。だけど北脇さんの歌は5年前と変わらずキレッキレで、女性シンガーって子ども産むと途端に母性が爆発して、大らかに大地とか太陽とかそんなことばっかり歌い出しちゃうイメージあったのやけど、ミラーボールズは全くそんな感じなくってかっこよかった。でもMCでは子育ての様子なんかも包み隠さずおはなししてらして、自然体ですてきやな〜と思った。我らのライブは、演奏的にはちょっと反省点もあるけど、でも終始たのしく歌えました。バット振り回してすっきり&、途中「からすの蒲団」の長い間奏では首吊り死体の物真似を披露してみましたのは、唐組の『秘密の花園』でのトイレ首吊りのしかけがあまりに秀逸で本当に首を吊ってるようにしか見えなかったことに感銘をうけたのと、数日前に某所で美しい死体写真を見て触発されたせいです。そんなことはさておき、最後のバンド形態での「朝も昼も夜も」はなかなか感動的な演奏やったのではないかと自画自賛。歌っていても興奮しました。見に来てくださってたC子せんせいが物販の呼び込みを手伝ってくれたのもあり、コントDVDは売切れ、Tシャツやトートバックも買って下さる方いて、感激やった。みなさまありがとうございました。大バンドは次回は11月ぐらいにまたライブ出来そうです。だいぶ先ですが、またよろしくお願いいたしますね☆

6.12日

家にいたら誘惑が多くて宿題をしないので、パソコンと女中たち台本をリュックへ入れてファミレスジプシー。しかし一緒にリュックに入れてきたウェルベック『服従』を読み始めたらおもしろくって、結局宿題が進んでない。夜はまたしても唐組秘密の花園』を見に行く。今回4回目である。完全に頭がおかしくなっている! だってお芝居って終わっちゃうんである。もう今日の東京公演千秋楽を最後に、わたしはこの『秘密の花園』の中に息づく人々には一生お目にかかれなくなっちゃうのやよ。愛おしい大貫に会えなくなっちゃうの、さみしー。って所詮は芝居なのにこんなに入れあげてるわたし、どうかしてますね! そうです、でも完全にどうかしてしまってるのです! 今日も紅テントの中の熱気はすごかった。立ち見までぎっしりいた模様。300人ぐらいいたんちゃうかな〜もっとかな〜。そしてなんと最後には唐十郎御大が、久保井さんにお手手を引かれて登場し、ご挨拶してらした! 最後のカーテンコールのあとも、久保井さんのお手手をしっかり握って去って行かれる唐さん、なんか男と男の歴史とか計り知れない壮大なドラマとかを想像して、感極まって泣いてしまった。もちろんその前のお芝居本編で超感動して涙ちゃんがスタンバイ状態になってしまっていたせいやけど。ああ、美しい絵やった。胸がいっぱいになったので、今日はテント飲みにはお邪魔せずまっすぐ帰宅しました。