Hatena::ブログ(Diary)

今日と遥か過去を振り返る

2012-05-09

奈良時代1

広義では、710年(和銅3年)に元明天皇によって平城京に遷都してから、794年(延暦13年)に桓武天皇によって平安京に都が遷されるまでの84年間。狭義では、同じく710年から、784年(延暦3年)に桓武天皇によって長岡京に都が移されるまでの74年間を指す。
奈良の地に都(平城京)が置かれたことから奈良時代という。ただし、740年から745年にかけて、聖武天皇は恭仁京(京都府木津川市)、難波京大阪府大阪市)、紫香楽宮滋賀県甲賀市)に、それぞれ短期間であるが宮都を遷したことがある。

wikipediaより

2012-05-07

奈良時代の事

8世紀初頭から末にかけては奈良時代と呼ばれ、奈良都城平城京)が置かれた。この時期は、律令国家体制の形成と深化が図られた。王土王民思想に基づく律令制は、天皇とその官僚による一元的な支配を志向しており、民衆に対しては編戸制・班田制・租庸調制・軍団兵士制などの支配が行われた。8世紀前半は、律令制強化への動きが積極的に展開しており、三世一身法・墾田永年私財法などの農地拡大政策もこうした律令制強化の一環だったと考えられている。しかし、8世紀後半に入ると、百姓階層の分化が始まり、百姓の逃亡が増加するなど、律令支配の転換を迫る状況が生じていった。
また、新羅を蕃国とし、東北地方蝦夷南九州の隼人を化外民とする中華意識が高まり、日本は、新羅朝貢を要求するとともに、蝦夷・隼人らを「教化」して律令支配へと組み込もうとしていった。
文化面では、『日本書紀』・『万葉集』・『風土記』などが編まれた他、遣唐使がもたらした大陸文化に影響を受けた天平文化が栄えた。仏教では鎮護国家思想が強まり、聖武天皇の発願で東大寺国分寺が国家護持の名目で建立された。


wikipediaより