スマートフォン用の表示で見る

聖武天皇

一般

聖武天皇

しょうむてんのう
天皇
元正天皇聖武天皇孝謙天皇

第45代天皇。国風謚号天璽国押開豊桜彦天皇。尊号は勝宝感神聖武皇帝。諱は首皇子法名は勝満。

大宝元年(701年)〜天平勝宝8歳(756年)5月2日。在位期間は神亀2年(724年)2月4日〜天平勝宝元年(749年)7月2日。

文武天皇の第1皇子。母は藤原宮子?*1皇后は藤原光明子。子に孝謙天皇(称徳天皇)、井上内親王がいる。


聖武天皇の代は疫病の流行や天変地異が相次ぎ政権も二転三転した。九州で藤原広嗣の乱?が起きると遷都を繰り返すなどしたため気弱と見る説が一般的だが、それは壬申の乱をなぞったものであるとか、孝謙天皇譲位した後に院政のような政治を行ったという説もある*2

仏教を厚く信仰し、藤原広嗣の乱の平定後は全国に国分寺国分尼寺を置き東大寺を建立して大仏を造立した。著書『雑集』がある。

リスト:リスト::歴史上の人物::男性

*1:出産後、ノイローゼに係り36年間も我が子に会えなかったという。安産に際しては遠州の熊野三山を勧請したと伝えられもする。

*2藤原仲麻呂聖武上皇崩御後からさらに勢力を伸ばしている。