Hatena Blog Tags

山部赤人

(読書)
やまべのあかひと

奈良時代の歌人。三十六歌仙の一人。
生没年不詳。
宿禰姓。『万葉集』にのべ五十首の作品を残し、とくに長歌を中心とした歌人で、とくに巻六では聖武天皇の行幸に随行した際の長歌が多く収められている。
笠金村とともに、聖武天皇の治世初期には天武天皇の皇統を強く意識させる作品群を作ったともされる。年次の明らかな作品には、神亀元(724)年の紀伊国行幸から天平八(736)年の吉野行幸までの歌がある。とくに「吉野讃歌」「富士の山を望む歌」などが有名。

田子の浦に打ち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ
百人一首 4/新古今和歌集 巻六 冬 675/万葉集 巻三 317

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

富士を詠んだ短歌1 この3日間は快晴.江の島弁天橋,江の島稚児ヶ淵,鎌倉稲村ヶ崎からは,夕焼けの富士を望むことができました.  田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ不尽の高嶺に雪は降りける 山部赤人  富士の嶺に降り置く雪は六月の十五日に消ぬればその夜降りけり 高橋虫麻呂歌集  富士の嶺を高み畏み天雲もい行きはばかりたなびくものを 高橋虫麻呂歌集  我妹子に逢ふよしをなみ駿河なる富士の高嶺の燃えつつかあらむ 作者未詳

GW後半は,晴天に恵まれ,藤沢・鎌倉からは,この3日間,毎日,富士を望むことができました. 5月3日,弁天橋入口から富士を望む 5月4日,江の島稚児ヶ淵から富士を望む 5月5日稲村ヶ崎から富士を望む 富士を詠んだ短歌1 (古今短歌歳時記より) 古今短歌歳時記(鳥居正博 教育社)には,富士と文学についての解説があります. ほんの一部を抜粋して以下掲載していきます. ---古くから霊山として崇められ,平安時代から信仰登山も盛んである. 富士・不尽・不二とも書き,富士の嶺,富士が嶺・富士の高嶺をはじめ----呼称も多い. 日本文学では,富士は広く取材され,物語・日記・紀行・小説などから,和歌・俳句・…