スマートフォン用の表示で見る

蝦夷

地理

蝦夷

えぞ

1.古代の東北地域居住民に対する呼称、総称。初出は日本書紀

「えびす」「えみし」と読むこともあるが、平安時代中期以降は「えぞ」と読むようになる。

他、毛人(もうじん)・蝦■(「虫」偏に「夷」)(かい)・蝦狄(かてき)・夷・俘囚(ふしゅう)・夷俘(いふ)など様々に表記される。


もともと、東国の民を毛人と称していたが、言語・文化が異なり朝廷にも従わない民を区別し蝦夷と呼ぶようになり、さらに奈良時代以降は朝廷に従った蝦夷蝦夷・俘囚に分類した。

これらにより、蔑称と捉える向きもある。そういう場合五行思想から「エビ」系バーバリアンという意味付けがされるが、金田一京助はそういう説を唱えているが、喜田貞吉は「カエル系異人」説を唱えている。


ここでいう「蝦夷」が、すなわち北海道先住民族であるアイヌであるかどうかについては、諸説あり定まってはいない。農耕が導入される以前の日本人という説が有力とされているが、佐々木高明、中尾佐助は、(こっちは農耕民としてのアイヌも入れる)この辺の人が「雑穀を輪栽する」独自の農耕文化を持っていたと主張している。ちなみにけっこうクオリティ高かったらしい。


2.北海道の古称。蝦夷地とも。