やっぱり猫が好き

(テレビ)
やっぱりねこがすき

1988年、フジテレビで始まった深夜枠のドラマ番組。
登場人物は基本的に恩田家の3姉妹というシチュエーションドラマで、長女「かや乃」をもたいまさこ、次女「レイ子」を室井滋、三女「きみえ」を小林聡美が演じ、どこまでがアドリブなのか全然わからない絶妙な掛け合いを披露し、大人気を博す。

テレビシリーズの放送

 

DVD

amazon:やっぱり猫が好き

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ