Hatena Blog Tags

インサイダー取引

(一般)
いんさいだーとりひき

内部者取引とも。
投資家の投資判断に重要な影響を及ぼすような会社の内部者情報に接する立場にある会社役員や、関係者などが、その重要事実が公表される以前に証券取引を行うこと。
会社関係者はその会社および親会社・子会社の役員や従業員、帳簿閲覧権を有する株主、許認可権限を有する公務員、会計士や顧問弁護士、取引先など。
会社関係者から重要事実を聞いて知った者が、公表以前に取引した場合も含まれる。

これによって、一般の投資家との不公平が生じ証券市場の公正性・健全性が損なわれるおそれがあるため、証券取引法166条にて禁止されている。
なお、禁止されているのは「取引すること」自体であるため、有利な取引を意図したかどうか、結果として有利な取引だったかどうかは一切関係ないものとされる。

取引先の重要事実を知りうる立場にある融資部門を持つ金融機関の投資部門の投資行動がインサイダー取引となることを防止するために設けられる情報遮断の仕組みをファイアーウォールとよぶ。
近年のインサイダー取引事件の例として、村上世彰氏(村上ファンドを率いる)による「ニッポン放送株のインサイダー取引事件」や堀江貴文氏(株式会社ライブドアを率いる)による「ライブドア事件」などがある。

関連キーワード

  • リスト::経済関連
  • 投資
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

国、地方再建には、昭和の大政治家が使った手法を民間名義人がおこなうことで、日本の救世主になることができる。

□国、地方再建には、昭和の大政治家が使った手法を民間名義人がおこなうことで、日本の救世主になることができる。 地方再建を行なうために、必要な財源は、国家予算外資金(企業育成資金)の財源を使って行なうことでこれから、各地方にいる有力者の有志に対して案内をしていきます。 もう日本の国難も待ったなしの状況まで追いやれています。昭和の大政治家が使った同じ手法、割引債を使った資金調達こそが、国家予算外資金といわれる財源ということになります。 この仕組は、民間の有志によって動かさない限り、この制度を活用することができません。したがって、特に地方経済の再建には、都市開発、インフラ開発、産業開発を行なう財源を…

日本の救世主はどこに存在するのか?

□日本の救世主はどこに存在するのか? 日本経済の低迷について、米国との関係について言う評論家が多いのですが、たしかに日本の独自性ということで戦後日本でどのようにして、経済発展してきたか?それが規制されてきたか?を知ることが重要です。 日本経済がだめになった理由は、単純に国債、銀行の割引債の利用が政府、政治家が自由にできなくなったために、必要なときに必要な資金を準備できなくなったと言うだけの話です。これは、企業育成資金の仕組みにも繋がります。国家予算外資金や簿外資金という仕組みは、割引債に関係しているといえるからです。2009年以降は、完全に公開市場での取引が禁止になり、これは、米国証券法、米国…

個人間取引として成立するビジネスモデルである。

□個人間取引として成立するビジネスモデルである。 企業育成資金の話をいろいろ研究して行くと、この制度は、日本経済を発展させて行く上で、絶対に必要な制度であるといえます。 よく、企業育成資金の話と政府の関与について、「霞が関の埋蔵金」がどこかにあるのではないか?と話題になるのですが、霞が関の埋蔵金は、無いという国の報告書が書いているように存在していないといえます。これは、個人管理委員会のゴールド及び現金ファンドの資金を、担保に銀行から資金を借り入れしているというのが答えになります。銀行融資されている資金ですから、埋蔵金ではありません。ただ、日本は、1300兆円を超える国債を発行しています。つまり…

旧来の金本位制度から続くクレジット・ラインの利用による資金提供案件、企業育成資金について解説。

□旧来の金本位制度から続くクレジット・ラインの利用による資金提供案件、企業育成資金について解説。 企業育成資金は、今月中は、東証プライム資本金100億円以上が対象ですが、来月、9月1日以降は、東証プライム 資本金300億円以上が対象になります。 銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の代表権者個人に対して、資金提供を行います。 さて、企業育成資金について、政府の見解を求める人が多くいるようですが、確かに、政府は金融監督を刷る立場ですので、証券市場の動きをチェックしています。そのなかでインサイダー取引になっていないかも監視しています。 あくまでも、企業育成資金というのは、私募プログラムで行ってい…

信用創造におけるクレジット・ラインについて理解をすれば、資金不足は絶対に解消される。そのことを知ることが重要である。

□信用創造におけるクレジット・ラインについて理解をすれば、資金不足は絶対に解消される。そのことを知ることが重要である。 企業育成資金の存在は政府が認めたことが無いということを、定期的に記事にしている人がいますが、毎回、同じネタばかり書いていて飽きないのか?と想います。 私募プログラムで行われていることですから、主催者は、直接声を出せば、インサイダー取引になりますので、いえないので黙っているのですが・・・ だれかその手の記事を書くと、お金をくれるのでしょうか? その心理が知りたいです。 日本におけるPPPという仕組みが浸透しないことで、経済の停滞が続いているということが本ブログの読者は、理解して…