オデッサの階段

(テレビ)
おでっさのかいだん

フジテレビ系で2012年10月11日から2013年3月21日まで毎週木曜23:00〜23:30に放送されていたドキュメンタリー番組。
『5LDK』の後番組。
アートやデザインなど毎回さまざまなヒトやモノにスポットを当てるドキュメンタリー。
後番組は『アウト×デラックス』。

オデッサの階段

(映画)
おでっさのかいだん

映画史に残る名シーンと言われる。

 ロシアの1905年革命を描いた映画「戦艦ポチョムキン」で、階段を下りていく群集をコサック兵が上から発砲しながら追いたて、最後にはサーベルで切りつける。
 約6分間続くこのシーンは、モンタージュ技法を駆使して描かれており、音楽と併せて非常に印象に残るシーンとなっている。

 特に、撃たれた母親の手を離れた乳母車が階段を落ちていくシーンはブライアン・デ・パルマ監督の「アンタッチャブル」などの映画でも引用されている。

 猶、史実ではオデッサ階段における虐殺事件は存在しない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ