戦艦ポチョムキン

(映画)
せんかんぽちょむきん

Броненосец «Потёмкин

  • 1925年|ソヴィエト映画|69分(マイゼル版

監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン
「第一次ロシア革命20周年記念」として製作され、1925年にモスフィルムにより製作・公開された。
1905年6月に起きたロシア帝国戦艦ポチョムキンの反乱の実話に基づく。
乳母車が転げ落ちていく「オデッサの階段」シーンは有名。
モンタージュ手法を確立した映画として知られるが、オリジナル・ネガは1926年にドイツ公開のため売却され、検閲によりカットされ、完全なオリジナルは失われた。
その後、1976年にソヴィエトで復元サウンド版が作られた。この版にはドミトリー・ショスタコーヴィチの交響曲からとった音楽が付けられていた。
しかし、その後、ドイツの作曲家エドムント・マイゼルがドイツ公開の際に作曲したスコアが発見され、マイゼルのスコアを用いた最新復元版が2005年ベルリン国際映画祭でプレミア上映された。
2007年に紀伊國屋書店から発売された『戦艦ポチョムキン』クリティカル・エディションDVDはこの最新版に基づくDVDであり、従来観られてきた版とは異なる。

リスト::外国の映画::題名::さ行

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ