カイガラムシ

カイガラムシ

(動植物)
かいがらむし

昆虫の一種。大きいものでも体長1cm、多くは2〜3mmと小さい。植物の枝、茎・葉などに寄生して汁を吸う。
樹木を枯らすことがあり、代表的な樹木の害虫のひとつとされている。
種で分泌する体被覆物質や、体内に蓄積されたコチニール色素(カルミン酸色素)が重要な経済資源ともなっている。


関連語 リスト::動物 リスト::昆虫

ネットの話題: カイガラムシ

人気

新着

新着ブログ: カイガラムシ