ジェームス三木

ジェームス三木

(一般)
じぇーむすみき

脚本家。
1935年6月10日、旧満州奉天市(現・瀋陽)に生まれる。
本名:山下清泉(やましたきよもと)
大阪府立市岡高校高校中退後俳優を目指し上京、劇団俳優座の養成所に入るが役者として大成せず。「テイチク新人コンクール」に合格し歌手デビューするも泣かず飛ばず
「新人映画シナリオコンクール」に処女作「アダムの星」を応募し優勝。
野村芳太郎監督の目に止まり、脚本を修行。1969年、映画「夕月」で、晴れて脚本家デビューを果たす。
NTV「西遊記」、NHK「煙が目にしみる」「けものみち」などを手がける。
静養中の1985年、NHK朝の連続テレビ小説「澪つくし」の高視聴率に気を良くして、1986年NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」を執筆。これが歴代最高平均視聴率をマークする。
1989年の松竹映画「善人の条件」では、脚本だけでなく、監督もやってしまう。
現在も精力的にテレビドラマ、舞台の脚本・演出、小説を手がける。

代表作

ネットの話題: ジェームス三木

人気

新着

新着ブログ: ジェームス三木