スーパームーン

スーパームーン

(サイエンス)
すーぱーむーん

[英] Supermoon / Super Full Moon
スーパームーンとは、月がほぼ近地点(地球に一番近づく位置)*1で満月か新月となったとき、月が最も大きく見える現象のこと。
遠地点(地球と月が最も遠ざかる位置)*2における満月よりも14%大きく、30%明るいとされる*3
なお、もともと「スーパームーン」とは近年になって使われ始めた占星術の用語であり、惑星直列などとともに、地震が起こるなどの災禍が訪れるという風説がある*4

日本での観測日

  • 2011年3月19日
  • 2012年5月5日
  • 2013年6月23日
  • 2014年9月9日
  • 2015年9月28日

*1:地球と月との距離は約36万km

*2:地球と月との距離は約41万km

*3:Super Full Moon | Science Mission Directorate

*4:ただし、科学的裏付けはなく、力学的には潮位の干満の差がわずかに大きくなる程度に過ぎないと考えられている

ネットの話題: スーパームーン

人気

新着

新着ブログ: スーパームーン