チェリー

(音楽)
ちぇりー

スピッツの楽曲。
同グループの13thシングルとして1996年4月10日にポリドールより発売された。
作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳&スピッツ

チェリー

チェリー

* リストリスト::曲タイトル

チェリー

(アイドル)
ちぇりー

何文櫻の愛称

チェリー

(一般)
ちぇりー
  1. JT(日本たばこ産業)が製造しているたばこのブランドの一つ
  2. パチスロで、サクランボを模した図柄のこと。通常は、左の枠の中に表示されただけで小役となり、数枚のメダル払出しが発生する。現行のパチスロ台では、このチェリーが小役として成立する事でストックが解除(ボーナス放出)されるキッカケとなる機種がけっこうある。

チェリー

(一般)
ちぇりー

日産自動車の小型乗用車。

初代(E10型)は昭和45年秋に登場。発売と同時に販売チャンネル「チェリー店」が発足*1。その設計は基本的に旧プリンス自動車系で製造は愛知機械工業によって行われた、日産自動車最初のFF車である。

排気量は1000ccと1200ccのA型・OHVで、位置づけとしてはサニーの下である。特にサニー1200GXと同じA12型1200cc、SUツインキャブエンジンを搭載したのクーペ「X-1・R」はモータースポーツでも活躍した名車としても知られる。キャッチコピーは「超えてるクルマ」。

2代目(F10型)は昭和49年秋に登場。車名にサブネームがつき「チェリーF-II」となる。排気量は1200と1400に拡大され、本来はサニーの下という車格であったものが同格となってしまう。イメージカラーがイエローであり、キャッチコピーは「黄色いチェリー」*2。この2代目はモデルライフも3年と短命に終わり、販売上も不人気であった。

ボディタイプは初代、2代目ともに2ドアセダン、4ドアセダン、クーペ、バンが存在する。搭載エンジンはどちらも直4・OHVのA型エンジン。

海外輸出名称も「CHERRY」であったが、名前の問題*3があり、昭和53年のモデルチェンジでは「パルサー」と改名する。

他に「チェリーADバン」や「チェリーキャブ」、「チェリーバネット」が存在するが、これらは販売店がチェリー店だから付いた名前であるというだけで、「チェリー」とは直接関連するモデルではない。

*1:現在のレッドステージ

*2:発売当初のCMキャラクター・秋吉久美子さんにちなんで「クミコ、君を乗せるのだから。」なるキャッチコピーもあった

*3:Cherry Boy=童貞

チェリー

(動植物)
ちぇりー

cherry
さくらんぼ。桜桃。桜の果実。
英語で桜の木は"cherry tree"、桜の花は"cherry blossom"(チェリーブロッサム)という。


関連語:cherry サクラ サクランボ さくらんぼ チェリーブロッサム

チェリー

(アート)
ちぇりー

ロクロク星人。とても真っ直ぐな性格。
名前の由来はスピッツの曲「チェリー」からきている。

「わたしはチェリー。わたしはまがった事は大嫌いだ。一刻も早く任務を遂行して、ロクロク星に戻ることが最優先。言う事を聞かないメンバーたちには手を焼く毎日だけど、ロクロク星に帰るその日まで全速力で任務を遂行してゆくぞ!遊んでなんかいられない。」

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ