ニコラ・テスラ

ニコラ・テスラ

(サイエンス)
にこらてすら

発明家。交流電源、蛍光灯、熱伝導、リモートコントロールの原理、太陽発電、テスラコイルなどを発明。

年譜

1856年7月10日:クロアチアで生まれ(セルビアの正統の聖職者の家族の中の第4子)
1880年:プラハ大学に学ぶ。このときは交流電磁誘導を思いつく。
1882年:プロトタイプ完成
1884年:ニューヨークに渡り、エジソンのもとで働く
1887年4月:研究所Tesla Electric Light Companyを設立
1887年10月:交流電源の特許が受諾される
1888年5月16日:アメリカ電子工学学会でデモ
1888年:循環磁界の発見。超高周波発生器を開発。
1891年:100万ボルト出力の高圧変圧器を発明
1893年:無線トランスミッターを開発
1905年:ジョン・P・モーガン依頼の無線放送の電波塔が竣工。
1930年:RCA corporationで国防に関わる機密品の開発に携わる。またエジソンとともにに与えられたノーベル賞を拒否。
1943年:死去

参考:
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7073/tesura1.htm 
http://www.classictesla.com/photos/tesla/tesla.html
など

ネットの話題: ニコラ・テスラ

人気

新着

新着ブログ: ニコラ・テスラ