ホワイトタイガー

(動植物)
ほわいとたいがー

ベンガルトラの白変種。日本には30頭弱しかいない。
アルビノとは異なる(黒い縞々はあるのよ)。
体のメラニン色素には、黒や茶色の「ユーメラニン」と赤や黄色の「フェオメラニン」がある。DNA解析の結果、ホワイトタイガーは「SLC45A2」と呼ばれる遺伝子が変異し、フェオメラニンを合成できないためにできたもの。この遺伝子が変異した例はマウスやウマ、ニワトリ、メダカで見つかっており、ヒトでも報告例があるという。

関連語句 リスト::動物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ