ミカサフミ

(読書)
みかさふみ

三笠文
中臣氏の祖・大鹿島国摩撰。
神代文字の一種・秀真文字(伊予文字)で記された、64紋の秘書。
同文字で書かかれた秀真伝(ホツマツタヱ)とは表裏一体とされるが、
現代には三笠文の一部しか伝わっていない。


『ホツマツタヱ』『ミカサフミ』『フトマニ』と合わせて、ヲシテ文献という。
勿論、ヲシテ文献は偽書である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ