Hatena Blog Tags

ワルシャワ条約機構

(社会)
わるしゃわじょうやくきこう

Warsaw Pact(1955年〜1991年)

北大西洋条約機構(NATO)の成立に対抗してソ連が組織した相互安全保障機構。もっとも、しばしば指摘されるように、それ以前からソ連は東欧各国を政治的・軍事的に支配していたが。
原加盟国はソ連の他、ポーランド、チェコスロヴァキア、東ドイツ、ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、アルバニア。
1968年にアルバニアが脱退。
冷戦終結後の1991年に解体された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

英国首相   へ  私は、ロシアは北朝鮮と連係して「特別地帯」を建設するべきであると主張し続けている。特別地帯の運営でロシア経済が順調になるまでは、ロシアは「悔しい」が米国の「恫喝」を受け入れるしかない。若し受け入れなければ、ロシア経済はもっとボロボロになるだろう。北朝鮮だって同じだ。ロシアと北朝鮮は「特別地帯」の提案を緊急に遂行するべきだ!もし「コロナウィルス検知器」の開発が成功すれば、米国と立場は入れ替わるだろう。ヒントをあげます。血液は「人間の皮膚」から分析できます。国家のため、人類のために、「頑張

ボリス・ジョンソン英国首相 へ 2021年12月26日:日曜版。拝啓、ウクライナ問題の根源はアメリカにある。アメリカとNATOはロシアの要求を100%認めて和解をするべきだ。「NATO」を「統一ドイツ」より東に拡大しないこと。アメリカはゴルバチョフとの約束を守るべきです。しかし民主主義を忘れたアメリカは無視をするだろう。だから、ロシアは「SWIFTからの除外」を避けるために「ロシア軍」をウクライナ国境から引き上げるべきだ。 プーチンの主張は正しい!新たな協定の中で、ロシアは、NATOが、ウクライナの加盟など、「これ以上の東」への拡大をしないと保証する。そしてNATOに加盟していない「旧ソビエト…