一党独裁

一党独裁

(社会)
いっとうどくさい

政治状態の一。「複数政党制」の対義語。独裁制の実装法の一でもある。
本義としては政党が政権与党一つしか存在しない状態。他の政党の結成が禁止されていたり、事実上禁止されていたりすることも多い。形式的に複数の政党が存在しているがそれが名目的で無力な存在にとどまっている場合なども含まれる。憲法においてその政党の優越が明記されていることも多い。
現在でも、主に共産国などで行われている。

一党独裁の国

  • 中国
  • ラオス
  • キューバ
  • ミャンマー
  • シンガポール
  • トルクメニスタン
  • ベトナム
  • ジンバブエ

歴史的に一党独裁だった国・地域

  • カンボジア(民主カンプチア) - ポル・ポト政権(クメール・ルージュ)。
  • ソ連、および冷戦時代の東欧の衛星国
  • リビア - 現在政党は存在しない(結成が禁止されている)。
  • イタリア
  • ドイツ - ※ナチス政権時代
  • イラク - ※サダム・フセイン(バース党)政権
  • 台湾

ネットの話題: 一党独裁

人気

新着

新着ブログ: 一党独裁