久世光彦

久世光彦

(読書)
くぜてるひこ

演出家、作家。1935年4月19日、東京・阿佐ケ谷生まれ。富山市で育つ。
東京大学文学部美学美術史学科卒業後、TBSに入社。ディレクター、プロデューサーとして、向田邦子脚本の「七人の孫」「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」をはじめ、「悪魔のようなあいつ」「ムー」「ムー一族」など数々のドラマを手がける。
1979年のTBS退社後は制作プロダクション「カノックス」を設立。テレビドラマの制作を引き続き行なう一方で、映画監督や舞台演出、脚本、エッセイ、小説の執筆など活動範囲を広げた。またTBS時代より別名義で歌謡曲の作詞も手がけ、天地真理「ひとりじゃないの」(小谷夏名義)や香西かおり「無言坂」(市川睦月名義)などをヒットさせている。
1998年、紫綬褒章受章。
2006年3月2日、虚血性心不全のため都内の自宅で死去。
小説「陛下」がとても良い。

受賞歴

  • 「花迷宮―上海から来た女」「女正月」「向田邦子新春スペシャル」(1992年、第42回芸術選奨文部大臣賞)
  • 『蝶とヒットラー』(1993年、第3回Bunkamuraドゥマゴ文学賞)
  • 『一九三四年冬――乱歩』(1993年、第7回山本周五郎賞・第111回直木賞候補)
  • 『聖なる春』(1996年、第47回芸術選奨文部大臣賞)
  • 『蕭々館日録』(2001年、第29回泉鏡花文学賞)

ネットの話題: 久世光彦

人気

新着

新着ブログ: 久世光彦