井の頭恩賜公園

(地理)
いのがしらおんしこうえん

公園

通称:井の頭公園。恩賜公園のひとつ。約380,000平方メートル。
東京都武蔵野市三鷹市にまたがる都立公園。中心にある井の頭池は玉川上水と並ぶ江戸時代の二大上水であった神田上水の源であり、石神井池・善福寺池と並び武蔵野三大湧水池として知られている。
明治維新後、民間所有をへて東京府が買い上げ、明治22年(1889年)宮内省の御用林となる。
大正2年(1913年)に東京市に下賜され、大正6年(1917年)に恩賜公園となり、日本初の郊外公園として一般公開された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ