スマートフォン用の表示で見る

玉川上水

地理

玉川上水

たまがわじょうすい

用水路

1654年(承応2年)、当時の江戸水不足解消のため造られた。

羽村取水堰から新宿区四ツ谷大木戸に至る延長約43kmの上水路で、現在も羽村取水堰から小平監視所までの間(約12km)が、上水路として利用されている。

太宰治が入水自殺したところとしても有名。