人形館の殺人

(読書)
にんぎょうかんのさつじん

ミステリ作家、綾辻行人の著作。館シリーズ第4作。

巧みな構成、鮮やかな結末! 戦慄の長編
亡父が残した京都の邸「人形館」に飛龍想一が移り住んだその時から、驚倒のドラマが開始した! 邸には父の遺産というべき妖しい人形たちが陣取り、近所では通り魔殺人が続発する。やがて想一自身にも姿なき殺人者がしのび寄る! 名探偵島田潔と謎の建築家中村青司との組合せが生む館シリーズ最大の戦慄。

人形館の殺人 (講談社ノベルス) 人形館の殺人 (講談社文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ