仙台城

(地理)
せんだいじょう

仙台藩伊達家の居城。青葉城とも。国指定史跡。
もとは中世の国人領主国分氏の城で、関ヶ原の戦い後に伊達政宗が築城をおこない、岩出山城より移った。
青葉山に築かれた平山城で、本丸は山上にあり、山麓には二の丸・三の丸が設けられている。なお、天守台は築かれたが天守は建てられなかった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ