八紘一宇

(読書)
はっこういちう

日蓮主義者で国柱会創設者の田中智學の造語。太平洋戦争時に対外進出を行うためのスローガンとして用いられた。

字義通り解するのであれば、世界を一つ屋根の下にまとめること。
宇は屋根のことで、八紘*1とは四方と四隅を併せたものでつまりは世界の果てまでを意味し、全世界の意である*2

出典は日本書紀の「兼六合以開都、掩八紘而為宇、不亦可乎」*3

*1:淮南子が出典

*2:ソフトに言い替えれば「世界は一家、人類は皆兄弟」と同義、さらに言えば、北京オリンピックのスローガン「同一的世界、同一的夢想」もこれと同じ意味。

*3:「くにのうちを かねて もってみやこをひらき、あめのしたを おほひて いへに せむこと、また よからず や」

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ