円空仏

(アート)
えんくうぶつ

日本の江戸時代前期の修験僧で仏師の円空が作ったとされる木彫りの仏像の総称。一説には生涯に約12万体の仏像を彫ったと推測されている。そのうち、約5,000体が発見されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ