豚丼

豚丼

()
ぶたどん

北海道帯広市の名物料理。

上質な豚肉を、甘辛いタレでつけやき(orてりやき)にしたものを、丼にして供する料理。

1933(昭和8) ぱんちょうの初代店主阿部秀司が考案したとされる。
写真はぱんちょうの「竹」となめこ椀。

豚丼

()
とんどん

牛丼チェーン3位のすき家が、アメリカでのBSE発生によるアメリカ産牛肉輸入中止を受けて開発した代替メニュー。
競合他社が高めの価格設定にする中、すき家はあえて牛丼と同じ280円(並の場合)で勝負している。


ちなみにすき家は「とんどん」である。

豚丼

()
ぶたどん

牛丼チェーン最大手の吉野家が、アメリカでのBSE発生によるアメリカ産牛肉輸入中止を受けて開発した代替メニューの一つ*1
2004年3月1日より順次全国販売開始。

「豚丼」は豚のバラ肉を使用し、豚丼用に開発した醤油ベースのタレで煮込み、玉ねぎとごぼうのスライスを加えて味を整えた自信の新メニューです。(吉野家のサイトより)

価格は並盛320円、大盛420円。

  • 豚肉の臭みを消すためにゴボウを使用している(松屋の豚めしは生姜を使用)。


ちなみに吉野家は「ぶたどん」または「ねぎとろん」である。

*1:この他に豚皿・豚鮭定食・豚鮭けんちん定食を販売する。

ネットの話題: 豚丼

人気

新着

新着ブログ: 豚丼