南多摩駅

(地理)
みなみたまえき

南多摩駅 JR東日本(南部線)

東京都稲城市大丸にある、JR東日本の駅。
南多摩駅周辺の路地が入り組んでいるが、多摩川を挟んで対岸へ移動する事で、徒歩10分ほどで西武多摩川線是政駅」へ移動可能である。

歴史

1927年11月11日に、南武鉄道(南武線の前身)は登戸から大丸まで延伸した。この大丸駅は現在の南多摩駅から約0.3km川崎寄りの位置にあった。
1931年ごろ、大丸駅多摩聖蹟口駅に改称された。
1934年10月21日、多摩聖蹟口駅の東側に南多摩川貨物駅を設置。
1939年、南多摩川貨物駅の西に新しく旅客駅を作って南多摩川貨物駅をこれに併合、多摩聖蹟口駅は廃止することとなった。新しい駅の名前は「南多摩川」を縮めて「南多摩駅」となった。なお、当時の南多摩駅の住所は南多摩郡稲城村であり、郡名を駅名にしたとも言える。

>> 路線案内 JR東日本 <<

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ