Hatena Blog Tags

名字

(一般)
みょうじ

意味

  1. 名(名称、諱)と字(呼称)のこと
  2. 苗字」の代替表記。
  3. 名前に当てられる字のこと。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

橘 ① 生食されたミカンの古名.② ミカン科の常緑低木/日本で唯一の野生のミカン. 古来,橘の実体に混乱が:中国での「橘」は,おそらくダイダイの類.「古事記」非時香菓(ときじくのかくのみ) は現在のタチバナではなく,おそらくコウジミカンもしくはダイダイ. 古事記「橘」:大君は,ある時,三宅の連らが祖(おや),名はタヂマモリを常世(とこよ)の国に遣わして,トキジクノカクの木の実を探させたのじゃった. そのトキジクノカクの実というのはの,今のタチバナのことじゃ.

古事記 橘1 「橘 たちばな」と聞いて何を思い浮かべますか? 私の場合は,なぜか名字でした.何をした人かは全く忘れていましたが 「橘諸兄」. 普段全く考えたこともなかった名前! 「橘諸兄」ってどんな人? 調べてみると,奈良時代のかなりの重要人物.名前を冠した歴史書も出版されていました. 橘諸兄 (人物叢書) | 日本歴史学会, 順昭, 中村 |本 | 通販 | Amazon その紹介文は 「奈良時代の政治家.母の橘三千代の死後,臣籍降下して橘諸兄(もろえ)となる. 藤原四兄弟が疫病に倒れると政権の中枢に立ち,聖武天皇の度重なる遷都や東大寺大仏の造営など,天平期の諸政策を主導するが,藤原仲麻呂の…