Hatena Blog Tags

地下室の手記

(読書)
ちかしつのしゅき

1864年発表。著者ドストエフスキー。中篇小説でありながら、俗に言う五大小説の全てを思想的に内包している。
主に日本特有といわれる、ひきこもりを予言した著書ともいえる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

邪悪クラブ日本会議

宮台真司鶴見済小林よしのり櫻井よしこ藤岡信勝百田尚樹久米田こうじ西原理恵子松尾匡中野たけし高橋留美子村上春樹三橋貴明ひろゆきホリエモン竹中平蔵小泉じゅんいいちろうYOSHIKI中野太郎ガンジーロスチャイルド あべよしひろ広瀬隆スウリ丸ゲッペルスヒトラースミスマルクスエンゲルスラブクラフトフリードマンケインズワルラスゲンカイ革命置塩森島ローマー吉原神取安田クルーグマンスティングスティグリッツビートルズビトた けしさんまタモリロールズ、センムッソリーニレーニンシターリン、トロツキーごるばしょふ、プレジネフ、フルシチョフリンカーンケネディマッカーサートウジョウ天皇明治田中角栄大正昭和平成令和 pマザ…

人間合格 装丁案 ノルウェイの森下巻 ナカノ・サル・ノブナガ やはり主と詩音とえりかに ――ああ、あの人は死んでしまいました。――イーヨー、太宰は本当に死んじゃったよ。残念だったねえ。 ブレット・イーストン・エリス「アメリカン・サイコ」明名書房刊――ヒーローを描け デレク・ハートフィールド「ベストセラー小説の書き方」――明日には、明日にはすべてが明らかになるだろう ドストエフスキー「ザ・ギャンブラー」――正々堂々とやろう ヘミングウェイ「老人と海」――私は、(中略)その一族、輝く明けの明星である 創主「ヨハネの黙示録」――強い者も弱い者もいない 遠藤周作「沈黙」――自由、新しい生活、死よりの復…

シングルカッタウェイ人間合格 1 もちろん小論から始めても実際には問題ないと思われる。ドストエフスキーの「地下室の手記」など前例がある。僕は夜には公務員試験の勉強をするが、昼間は執筆に充てる。今日は昼間寝てしまったので公務員試験の勉強の代わりに四時間執筆する。週休1日で6日間書けばまあ一ヶ月で小説の一本くらいはしあげられるだろう。僕が小説を書こうと思った原因は太宰治の「人間失格」を読んだからだった。太宰治は僕に取って特別な作家である。労働、太宰治は作家という労働をしていたのだが、その労働とは非常に激しいものであった。何しろ作家のために自殺するというブラックである。そこまでしなければならないのか…

完全殺人予防マニュアル 中野うつけ太郎信長――あんたばかあ アスカ 世の中には馬鹿が大勢いるが犯罪が起きるまで何もできず、安っぽい密室トリックや犯人探しに力を注ぐ探偵は全くどうかしている。私だったらまず殺人を予防する。例えば戦争は相互不可侵条約網と平和憲法の輸出、シミュレーション戦争条約網でいくらでも防げる。 次に経済的問題だが、まずミクロ経済学に経営学とマルクス経済学を組み入れて正常化させ、それでマクロ経済学も作れば、貧困なんてものの見事になくなる。あとは自己破産さえ周知させれば経済的問題で殺人は起きない。 怨恨その他はキリスト教を布教すれば良い。 村上主義者主張派非暴力主義派としての政治主…

完全犯罪予防マニュアル 中野うつけ太郎信長――あなた方は失われた世代です ヘミングウェイに もちろん全ての犯罪を予防するのは不可能である。だがこの酔狂な試みに私はひどく心を奪われた。 殺人罪 殺人はまず戦争を平和憲法の輸出、相互不可侵条約網、シミュレーション戦争条約網で予防する。ミクロ経済学に経営学とマルクス経済学のモデルを組み込み、それでマクロ経済学を作れば貧困などなくなる。怨恨その他はキリスト教を布教して予防する。 殺人予備罪 殺人罪と同様である。 自殺関与罪 まず自殺は必ず連鎖自殺を生むからやめるよう説得する。 傷害罪 キリスト教を布教して怒らないようにする。 傷害致死罪 キリスト教聖書…

教えてカルヴァン 支離滅裂書簡的一人称三人称混合文体による対城塚翡翠恋愛ゲーム 神前物部パウロ中野うつけ太郎信長神武自称国民文学天皇(略称 中野うつけ太郎信長) ――ずっと……。 ブレットイーストンエリス「レスザンゼロ」――ここで文章が途切れている カール・マルクス「資本論」――妹にどんな用事があるんだね ドストエフスキー「罪と罰」――ボブの冴えない一日 デビット・コーポラント ロン・ルイス「モテる技術」――インターナショナルプレイボーイ モリッシー――一言も本当のことを言わない子供だったのです 太宰治「人間失格」――この手記の筆者も「手記」そのものも、いうまでもなく、フィクションである。しか…

群像に対する小説 中野うつけ太郎信長 ――ある人間の一タイプ ドストエフスキー「地下室の手記」 宮台真司、立花隆、稲増龍雄、中野収、鶴見済、山口真由、財務省キャリア、東大を出た作家や学者、官僚層に語彙以外見るべきものがなく、その論理性に大きな欠陥があるのは東大というシステムの問題だろう。東大はせいぜい過去問十年か、二十年程度を徹底的にやればだれでもトップ合格でき、論述式問題も論理力ではなく暗記力であるから、まともな論理力が一切育たず小学生レベルの論理力もない惨状だ。ぜひとも認知行動療法やスキーマ療法の訓練を取り入れ論理能力を磨かないと、これでは日本のトップエリートとしてとても役に立たない。 例…

経済的小説 中野うつけ太郎信長 ――ワザ、ワザ 太宰治「人間失格」 1 経済学の混乱 今日、経済学はひどい混乱に陥っている、特にミクロ経済学が全く現実無視で物理学やマクロ経済学のように理論と観察をきっちりやっておらず、理論にための理論しかやってないから、ほぼ使えない。まずミクロ経済学が中級テキストではお金儲けの話かと書かれていたが、ミクロ経済学はある種の一般教養としては役立つものの、ゲーム理論以外、金儲けには一切役に立たない。手っ取り早くお金儲けを学びたいなら、マルクス経済学のモデルと、経済学のモデルを参照にすることが大事で、これらは理論と観察を比較的まともにやっていただけあって、まあマルクス…

合格

人間合格 装丁案 ノルウェイの森下巻 ナカノ・サル・ノブナガ やはり主と詩音とえりかに ――ああ、あの人は死んでしまいました。――イーヨー、太宰は本当に死んじゃったよ。残念だったねえ。 ブレット・イーストン・エリス「アメリカン・サイコ」明名書房刊――ヒーローを描け デレク・ハートフィールド「ベストセラー小説の書き方」――明日には、明日にはすべてが明らかになるだろう ドストエフスキー「ザ・ギャンブラー」――正々堂々とやろう ヘミングウェイ「老人と海」――私は、(中略)その一族、輝く明けの明星である 創主「ヨハネの黙示録」――強い者も弱い者もいない 遠藤周作「沈黙」――自由、新しい生活、死よりの復…