多嚢胞性卵巣症候群

(サイエンス)
たのうほうせいらんそうしょうこうぐん

おもにホルモンの異常からおこる排卵障害の一種です。卵巣内に卵胞がある程度までしか育たず、排卵が起こらない病気です。排卵しないので卵巣の皮がだんだん厚く、硬くなって、ますます排卵できない状態になります。まったく排卵しない場合もあるし、ときどき排卵する場合もあります。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ