奇門遁甲

奇門遁甲

(一般)
きもんとんこう

古代中国で黄帝軒轅が黄帝が蚩尤と戦っていた時に天帝から授けられたとされる、道教系の方術の一種。一般に選吉を目的とした方位選定に用いられるが、呪術の要素を含んでいるようでもある。流派が多数存在し、各流派の奥義は口訣とされる。

新着ブログ: 奇門遁甲