寛政の改革

(社会)
かんせいのかいかく

日本の江戸時代に松平定信が老中在任期間中の1787年から1793年に主導して行われた幕政改革のこと。享保の改革天保の改革とあわせて江戸幕府の三大改革と呼ばれている。田沼意次が行ってきた重商主義政策を否定し、徳川吉宗の享保の改革を理想とした緊縮財政、風紀取締りによる幕府財政の安定化を目指した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ