山田花子

(マンガ)
やまだはなこ

リスト::漫画家

山田 花子(やまだ はなこ、1967年6月10日 - 1992年5月24日)とは、日本の女性漫画家。東京御茶ノ水生まれ。本名は高市 由美(たかいち ゆみ)。

2歳の時に世田谷区の経堂から東京都日野市の百草団地に引越し、21歳まで育つ。5歳の頃に絵本作りに夢中になり、小学生時代に赤塚不二夫、楳図かずお、小林よしのり、里中満智子、ジョージ秋山、新田たつお、日野日出志、水木しげるらを愛読した。中学に入り、いじめに遭い自殺未遂、人間不信に陥る。この頃からますます漫画に没頭していく。
中3の1982年9月に投稿した「明るい仲間」が『なかよし』ギャグ漫画大賞の佳作に入選する。当時のペンネームは裏町かもめ。この作品が翌1983年に『なかよしDX』1月号に掲載される。
同誌の1983年4月号に実質的なデビュー作となる「大山家のお子様方」を掲載。その後も「人間シンボーだ」を連載した。この時期にペンネームを山田ゆうこに変更する。この頃から画風が一転してシュールになる。愛読していた『ガロ』の根本敬にファンレターを出し推薦を受けるも連載はもらえなかった。
その後1987年、「人でなし」が『ヤングマガジン』の月刊奨励賞を受賞、同誌で「神の悪フザケ」を連載する。1989年5月に初の単行本『神の悪フザケ』を出版、同年8月から『ガロ』に連載を開始、仕事が増える一方で精神状態は悪化する。
1991年頃から自分の描くためにバイトで生活して漫画を趣味にしようとするが、うまく適応できずに精神分裂症になり桜ヶ丘記念病院に入院する。退院した翌日の1992年5月24日に百草団地1街区5-3、11階から投身自殺し死亡。享年24歳。

死後、彼女が生前書き綴っていた日記やメモなどをまとめた自伝本『自殺直前日記』が太田出版によって発行された。

山田花子

(アート)
やまだはなこ

お笑い芸人吉本新喜劇劇団員吉本興業所属。愛称は「はなちゃん」「はなこ」
本名は、福島 京子(旧姓:渡辺)。
1975年3月10日、生まれ、大阪府堺市出身。大阪府立福泉高等学校卒。A型。

トピックス

  • MBSの人気番組「4時ですよ〜だ」の素人出演コーナーで出演したのがきっかけで芸能界入りを果たした。今田耕司の大ファンだった。
  • 一時期はプロレスラーを目指して、JWP女子プロレスに練習生として入団していた。
  • 第26回24時間テレビ「愛は地球を救う」(2003年)のチャリティーランナー。番組放送時間内にゴールできず、番組終了後の特別番組でゴールの様子のみが放送された。
  • 同名の漫画家とは赤の他人である。

結婚

  • 2010年5月、自らが通う、トランペット教室の講師であった福島正紀氏と結婚
  • 2012年6月29日、第一子(男児)出産

ネタ

  • 「カモーン。早くしないと花子が逃げちゃうわよ」
  • 「汗ばむわぁ・・・」

恋の片道切符

恋の片道切符

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ