御池通

御池通

(地理)
おいけどおり

京都市内中心部を東西に走る幹線道路。東は鴨川大橋のある川端通から、西は千本通・JR二条駅まで伸びている。JR二条駅以西は、その駅北横のガード下をくぐり、天神川まで伸びている。単に「御池」ともいう。
この道が広いのは、戦時中に火災の延焼を防ぐため、民家を取り壊したことによる。ただし、堀川より西は、道幅が狭くなっている。
東端近くには京都市役所があり、西端近くには二条城がある*1。二条城の南にある神泉苑の大きな池が、「御池」の通り名の由来とされる。
この道路の地下を京都市営地下鉄東西線が走っており、京都市役所前駅付近には地下街も設けられている。

位置関係

北山通
押小路通
御池通
姉小路通
十条通

*1:二条城は御池通に直接は面していない

ネットの話題: 御池通

人気

新着

新着ブログ: 御池通