Hatena Blog Tags

新宿鮫

(読書)
しんじゅくざめ

大沢在昌の小説の主人公のあだ名です。
新宿署の鮫島警部を主人公とする警察小説のシリーズ。

第四作目の「無間人形」で直木賞を受賞。

最新刊は第十作目となる「絆回廊」。


「新宿鮫」1990年
「毒猿」1991年
「屍蘭」1993年
「無間人間」1994年
「炎蛹」1995年
「氷舞」1997年
「灰夜」2001年
「風化水脈」2002年
「狼花」2006年
(注)題名後の年数はノベルス化された年。


新宿鮫 新装版: 新宿鮫1 (光文社文庫)

新宿鮫 新装版: 新宿鮫1 (光文社文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

ベストセラーの正体 中野うつけ太郎信長 ――ただ一切はすぎて行きます。 太宰治「人間失格」 書いて書いて書きまくれ これは文学賞だったら地方文学賞を除いて全部起きるぐらい、書きまくらないと絶対デビューできません。村上春樹が二作目でデビューしちゃったなんていうのは普通の人にはできません。 読んで読んで読みまくれ 図書館の本を三十年くらいかけて全部読むつもりじゃないと到底作家としての成功はおぼつきません。ブックリストは一切入りません。ただ図書館の本を読めばいいだけ、図書館にないのは諦めるか取り寄せです。 多数の読者によまれること とにかく商業出版でもアマチュアでも多数の読者に読まれることが大事なん…