日航機墜落事故

(一般)
にっこうきついらくじこ

一般的には日本航空123便墜落事故を指すことが多い。


1985年8月12日、東京羽田発大阪伊丹行きの日本航空ボーイング747SR型機(機体番号JA8119)が群馬県上野村南東側約2.5キロの尾根(のちに御巣鷹山と報道される)に墜落した事故。乗客509人乗員12人コックピットクルー3人のうち、生存者は4名。死者520名。
単独の航空機事故としては、航空史上最悪の事故であり、この後123便は欠番となっている。
当時の事故調査委員会の報告には多くの矛盾点があると指摘されているが、既に調査は終了と明言されている事から、20年経った今でも、この事故に関する報道や取材は尽きない。


以上は日本航空123便墜落事故の説明であり、他の日航機墜落事故については下に列挙する。

日航機墜落事故一覧

1952年4月9日 日本航空もく星号墜落事故
1965年2月27日 日本航空壱岐空港墜落事故
1966年8月26日 日本航空羽田空港墜落事故
1969年6月24日 日本航空モーゼスレイク墜落事故
1972年6月14日 日本航空ニューデリー墜落事故
1972年11月28日 日本航空シェレメチェボ墜落事故
1977年1月13日 日本航空アンカレッジ墜落事故
1977年9月27日 日本航空クアラルンプール墜落事故
1982年2月9日 日本航空羽田沖墜落事故
1985年8月12日 日本航空123便墜落事故



リスト::航空

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ