松井須磨子

松井須磨子

(アート)
まついすまこ

日本初の新劇女優。本名、小林正子。
1886年(明治19年)、長野県埴科郡清野村(現・長野市松代町清野)生まれ。
文芸協会演劇研究所に第一期研究生として入学。
坪内逍遙の弟子の島村抱月との不倫恋愛で世間的には有名。
1919年(大正8年)、スペイン風邪に罹り死亡した島村を追って「カルメン」上演中に自殺。
「人形の家」のノラ、「サロメ」、「アンナ・カレーニナ」、「復活」のカチューシャなどなど、多数の役を演じた。

新着ブログ: 松井須磨子