歌麿

(アート)
うたまろ

喜多川歌麿(1753?-1806)
江戸後期の浮世絵師。男性の身体の一部分を強調して描くことで有名。
精緻なデッサンを基にした写実画に慣れていた欧米人がそれを観て、「ニッポンジンはデカい」と思い込んだという伝説がある。転じて、そのような特徴のある日本人を指す。その場合の多くはカタカナで「ウタマロ」と表記する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ