無量大数

(サイエンス)
むりょうたいすう

日本の数の単位の中で最も大きな数を扱うもの。塵劫記に記載がある。
1無量大数は、10の68乗(100,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000)になる。
東洋の命数法において無量大数は最大の数であるが、無限大とは異なり無量大数よりも大きな数は存在する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ