矢巾町

(地理)
やはばちょう

日本の東北地方は岩手県の内陸に位置し、隣の紫波町などとともに紫波郡に属する町。

昭和30年(1955年)に村制施行(矢巾村)、昭和41年(1966年)に今に至る町制が施行された。*1

国指定史跡の徳丹城(とくたん-)をはじめとして幾らかの名所を擁しつつ、大河―北上川の流れの一角に在り続けている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ