石垣空港

(地理)
いしがきくうこう

石垣空港は沖縄県石垣市にかつてあった地方管理空港。
滑走路長が1,500mしかないため、小型ジェット機で積載重量を制限しても、福岡以遠への直行便を就航させることができず、那覇や宮古での給油が必要となっていたため、輸送上の制約が大きかった。
そのため、2,000mの滑走路を持ち、中型機が離発着できる空港を、石垣空港とは別の場所に新たに建設することとなった。
そして新石垣空港南ぬ島石垣空港)は、2013年3月7日に供用開始し、石垣空港は廃港となった。
なお、年間180万人を超える利用実績は、地方管理空港としては日本一の旅客数を誇っていた。

空港データ

IATA 3レターコード ISG
ICAO 4レターコード ROIG
滑走路方向 04/22
滑走路全長×全幅(m) 1,500×45
滑走路面 舗装
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ