Hatena Blog Tags

破壊活動防止法

(社会)
はかいかつどうぼうしほう

日本の法律

(昭和二十七年七月二十一日法律第二百四十号)
略称:破防法
調査・監視機関として公安調査庁が設置されている。
暴力主義的破壊活動を行う団体を規制するための法律で、制定当初は勢力拡大する日本共産党を弾圧することを目的とした。そして現在では、共産党に限らず極左・極右団体を始め、宗教団体、反戦運動、労働運動など幅広く各種団体の監視を行っていると言われている。そのため、集団・結社の自由を掲げる憲法に違反している可能性が高いとされる。
一時は「オウム真理教」に対しても適用が考慮されたが、見送られた。

(この法律の目的)

第一条
この法律は、団体の活動として暴力主義的破壊活動を行つた団体に対する必要な規制措置を定めるとともに、暴力主義的破壊活動に関する刑罰規定を補整し、もつて、公共の安全の確保に寄与することを目的とする。

(この法律の解釈適用)

第二条
この法律は、国民の基本的人権に重大な関係を有するものであるから、公共の安全の確保のために必要な最小限度においてのみ適用すべきであつて、いやしくもこれを拡張して解釈するようなことがあつてはならない。

(規制の基準)

第三条
この法律による規制及び規制のための調査は、第一条に規定する目的を達成するために必要な最小限度においてのみ行うべきであつて、いやしくも権限を逸脱して、思想、信教、集会、結社、表現及び学問の自由並びに勤労者の団結し、及び団体行動をする権利その他日本国憲法 の保障する国民の自由と権利を、不当に制限するようなことがあつてはならない。

 この法律による規制及び規制のための調査については、いやしくもこれを濫用し、労働組合その他の団体の正当な活動を制限し、又はこれに介入するようなことがあつてはならない。


以下、略

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

女子高生と結婚する自由民主ゲリオン ――愛は妬まない 聖書 城塚翡翠にして神取麻衣様 女子高生は口説き放題、スプーン、街頭ナンパ、ファンレター 女子高生を口説きたい。全く簡単です。まず遠距離になりますが、スプーンと言うラジオアプリで配信している女子高生はいくらでもいますから、スプーンで仲良くなってTwitterDMにメールすればいくらでも女子高生を口説くことができます。スプーンはまず遠距離なのが欠点です。そう言うわけで街頭ナンパに移るわけですが、女子校の女子などほぼ彼氏がいませんから狙い目なわけです。女子校の例えば函館だと遺愛高校の校門から五稜郭交差点のポイントで、まず道を聞き、それから作家だ…

日本共産党恐怖小説中野うつけ太郎信長――ワザ、ワザ 太宰治「人間失格」 共産党がやばい。暴力革命を狙っている。なんだが怪しい。大半の人はこう思っているだろう。共産党自体は非武装化が進み武装革命の可能性はほぼないものの、歴史的経緯から永遠に破壊活動防止法で見張らないとダメだろう。 日本共産党はコミンテルンの下部組織として戦前日本で生まれた。その後戦前の共産党は組織の壊滅と再生を繰り返しながら細々と続いてきた。福本という理論家が牛耳ったことや宮本賢治がスパイをリンチして殺人したのはご存知の通りである。五十年代まで共産党は武装派が多かった。特高にトップを握られ銀行強盗を起こしたり、五十年代は完全武装…